長州で生まれ長州育ち、好きな人物は坂本龍馬!カンボジアから始めた旅と共に始めたブログ☆ 話題はカンボジアだけでなく様々ですが、どうぞ気軽に絡んでやってください♪


by lovely_smile094
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2/3 アンコール・ワット

この旅の大きな目的の一つである、アンコール・ワット
ついにこの日行ってきましたよ♪

朝もはよから5:30に出発! そして朝日を… 残念曇ってて見えず。

でも次第に明るくなるアンコールワットは、本当に本当に感動するほど美しく、神々しかった。
e0137165_12553983.jpg


ここで少しだけアンコール・ワットをこれから回ろうという人にアドバイス。
アンコール・ワットは遺跡の中の一つで、それ以外にもたくさんの遺跡があります。それらのほとんどがアンコール王朝時代に建設されたため、アンコール・ワット遺跡群と呼ばれています。

その数は本当に多く、また広い範囲に分布しているため、実際はとても一日では回りきれません。

コースを簡単にまとめると、

小回り(アンコール・ワット、アンコール・トム、タプロムなどの有名な遺跡群があるコース)

大回り(小回りをもう一回り大きく回るコース)

大外回り(ベンメリアなどを代表とされる、町から数十キロ離れたエリア。方角別にたくさんあるので、その中から回る遺跡を選ばなければいけない)

その為じっくり見たいという人は、最低でも3日は必要なのではないでしょうか。と思います。


チケットも1日20ドル 3日で40ドル 7日で60ドルですから。 3日はとってもお得なはずです。

しかし、そんなコース設定の中ぐずぐずと時間を費やした私は、
たった1日、小回りコースだけを回りましたーー! 
まあ、それでも十分に感動して満足できたけどね。

写真ではこの素晴らしさは伝わらないと思いますが、よかったら何枚かご覧ください。
e0137165_1322851.jpg

e0137165_1335713.jpg

遺跡の隅々に至るまで、こうした美しいデバターが彫られています。
e0137165_1353770.jpg

e0137165_1395985.jpg

木と遺跡が融合したタプローム。

そして、最後の最後に訪れた遺跡でたくさんあるデバターの中でも比べ物にならないほどの笑顔を持ったレリーフを発見しました。
e0137165_13115274.jpg

慈愛に満ちた微笑を浮かべるこのレリーフを発見したとき、その生きているような表情に立ちすくみました。このレリーフは小回りの一つ、バンテアイ・クディの片隅にあります。おそらく、人の目に触れることは少ないと思う。 最後に出会えてよかった。
また必ずここに来たい。 その慈愛に満ちた笑顔に会うために。

その後、今度は夕日を見るためにじっと待っていましたが、最後には雨になりました…
e0137165_19262910.jpg

でも、雨になる前の夕日はとってもきれいでした

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-03 12:49 | カンボジア