長州で生まれ長州育ち、好きな人物は坂本龍馬!カンボジアから始めた旅と共に始めたブログ☆ 話題はカンボジアだけでなく様々ですが、どうぞ気軽に絡んでやってください♪


by lovely_smile094
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
これは疑問ですから!ポチッ。
↑お願いします。。。

つまり何かの証拠を握った論拠ではないということを、基本的に理解して頂きたい。

前回、山口県立の防府西高校の制服についての疑問を投げかけさせてもらった。

同じように思われた人はいただだろうか?

実は、前回の内容に気付く以前にも疑問を感じることがあったのだ。

新入学生は入学後いくつかの選択科目から選ぶことになっている。 その中で教科の選択があるのだが、その用紙を見せられたときも驚いた。

正確な金額は控えていないのだが、仮にあなたのお子さんが防府西高校に入学して選択科目で書道を選んだ場合!

道具代しめて5,400円(位。)

どれだけ上等の道具を買わせようってんだ?!

その用紙を見せられたときにすぐに思った。

中学の授業で書道はやってるんだから道具一式は持っている!買わせる必要ないんじゃないの? そして根本的に高すぎる。

仮にお子さんが美術を選択した場合、画材・道具代として2,500円位。

いやいや、絵画の道具一式も持ってますから。

そして、授業で使うもろもろの一式を購入させる時には、総金額は忘れてしまったが、記憶に残っているのがUSBメモリー=1,000円  いったい何ギガのUSBフラッシュメモリーなんだ?!

今時は安いときは8G800円位に売っている。 ヤマダ電機でいくらでも安いのが買える。

『生徒さん同じ物を…』 もしそういう声があるならぜひ聞きたい。

USBメモリーに違いがあるのか?

学校は保護者を愚弄しているのだろうか?

しかし、どれだけ高くてもほとんどの親は子のことを思い、よほどでないと「それは高い」って言い出すことが出来ないだろう。 

日本の田舎の町だから尚更だと思う。

情けなし!

疑惑をもたれても仕方ないと思う。。。。。

学校関係者はどう思っているのかぜひ聞いてみたい。

昨今の不況により会社も首になった人も多くいる。

母子家庭も増えていて、月の収入は僅かという家庭もあるはずだ。

そんな家族だってあるんだ。 そんな生徒一人一人の状況を全く考えていないような高額金額を平気で要求する姿勢。

日本全国を見渡せば、こんなのは氷山の一角だろう。 

なめられてるね、国民。



すみません!気が向いたら、ぜひ!クリックお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 防府情報へ
にほんブログ村

072.gif山口ブログにも登録しました。。ついでにクリックしていただけたらうれしいです!^^072.gif

地域生活(街)
[PR]
by lovely_smile094 | 2010-06-04 22:26 | 正義の話

これは癒着か? in 防府

今回は、パチッって感じで。
↑お願いします。。。

『癒着(ゆちゃく)』の本来の意味は、本来離れているべき組織同士が臓器・組織面がくっついてしまうこと。

とある。

これを比喩的になぞらえて、企業や政界などにおいて、本来離れているべきものが好ましくない状態で強く結びついていることを、批判的に「癒着」と呼ぶ。

先日知人から受けた話だ。現段階ではなんら証拠となるものはないので、

疑問の声として記してみたい。

防府の公立高校 防府西高等学校に通う生徒の制服についての話だ。

学校の制服として購入をする用紙を見せてもらったのだが、その価格にびっくりした!

《男子制服》 (各税込み)
ブレザー/25,180円
冬スラックス/13,750円
ニットベスト/6,240円
長袖シャツ/3,470円
ネクタイ/2,200円
ソックス/700円


《女子制服》
冬ブレザー/23,560円
冬スカート/14,320円
ニットベスト/6,240円
長袖ブラウス/3,470円
ネクタイ/2,200円
ハイソックス/700円


どんだけ高いんだ!

今時スーツなんか2万円も出せば上下でそれなりの物が買える! それが、スラックスつまりズボンが1枚13,750円!?

さぞ上等な代物なのだろうか。

西校の生徒を街で見かけることはあるが、あの制服そんなに高かったのか!


これは新入学生に向けた制服申込書の案内に記載されていたものだが、仮に男子生徒が一式を購入した場合、合計はなんと! 

51,540円!

今の時代なら軽く海外旅行でも出来る金額だ! 

これを学校規定のものとして平気で保護者に買わせようとする学校。 おそらく、この防府西高等学校だけでなく、全国にある高校においてもそうなのだろうか。

数年前のリーマンショックの影響で世の中はまだまだ不景気だ。 話を聞いた知人の家庭は、これくらいの金額なら払えるから、しぶしぶ購入金額を計算していた。

しかし、高いってうめくように言っていた。

同じように今年入学した保護者の方もいるだろうが、ほとんどの人が これは高い って思っているのではないだろうか?

しかし、子供が学校に通う手前、大きな疑問の声を出すわけにもいかず、なかば泣き寝入り状態なのではないか。

親心とすれば、一人だけ他の子と違う服を着せていくわけにもいかないだろう。

当然、ここで湧き上がる疑問がある。

①単直に、学校と制服販売会社との癒着があるのではないか?

何しろ高い、そして例年同じ販売会社からの購入となっている。しかも、どうやら冬服だけでなく、入学の時点で制服や体操着など同様の高い価格で買わされたそうだ。

当然疑いたくなる。 バックマージンがあるのではないか、金銭でなくともなんらかのもてなしなどが存在するのではないか。

癒着ではなかったとしても、単なる随時契約になっているのではないか?

これは間違いないところだと思う。 学校側が制服販売会社からなんら見返りを受けていなかったとしても、他の同業者からの相見積もりをとるなどして、競争の原理が働いているかどうかだ。

つまり、一般企業ならば当たり前のことで、少しでも経費を削減する為に、通常より有利な取引先を探そうとする。

しかし、この場合学校側の懐は全く痛まないから、学校側は保護者の懐など何も考えず、毎年やっている契約だからとそのまま販売会社を通しているのではないか。

事業仕分けなどで少しでも無駄を省こうという声が大きな世の中で、ましてここ数年は景気も低迷し本気で家計が厳しいところもあるだろう。

母子家庭も増えていると聞く昨今、これだけの制服を購入するのはかなりの痛手になるはずだ。 それでも親は子供に恥をかかせたくないから、我慢して仕方なく購入する。

新入学生は今年は160名近くになるという。 一人が入学時に4~5万円、そして冬服を揃えるのに更に4~5万円

かなりの金額で販売会社にとっては一年の中でも一番の収穫だろう。。。

一市民として、こうした事をうやむやにしたくはないと思う。

なぜなら、こうしたおかしな状態を「自分が我慢すれば」そう思って流してしまうといつまでたっても世の中の不正はなくならない。

疑問の声は確り出すべきだと思うが、あなたはどう思いますか? どう考えますか?

一人の声じゃ届かないかもしれないが、声が集まれば対応せざるを得なくなってきます。

世の中の矛盾を、不正を無くすための一歩は、個々の声です。

この件は知り合いのジャーナリストにも相談してみようと思います。

今回は何かを決定付けるものではありませんが、疑問を投げかける意味で記してみました。



すみません!気が向いたら、ぜひ!クリックお願いします!!

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自由人へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 中国地方ブログ 防府情報へ
にほんブログ村

072.gif山口ブログにも登録しました。。ついでにクリックしていただけたらうれしいです!^^072.gif

地域生活(街)
[PR]
by lovely_smile094 | 2010-06-03 19:11 | 正義の話

いや~ どきどきだね

さっきも日記を書いたのだが、実は今しがたあるメッセージを受け取った。 オーストラリアでの学校で出会ったタイ人のトーマス072.gifという男がいる その彼からフェイスブックというmsnを通してメッセージを受けたのだけど、今ちょうどバンコクにいて、俺がバンコクに着くまで待ってるというのだ!

補足で、フェイスブックってのは、簡単に言えばミクシーの海外版。もし外国人の友達がいて連絡取り合いたいならこれはマジでお薦めです。

そうそれで、そのフェイスブックで今度カンボジアに行くことを外人の友達宛に書いていましたら、彼からメッセージが来たのです。

海外であった日本人とは何度かあるけれど、海外で知り合った友達との再会はそうあるものではない! 唯一再会できたのはカンボジアで会ったバンちゃんという男の子だけだ。東京でだけどね

そう、そのトーマスという男なんですが、彼は、、、ゲイ? バイセクシャル? どっちかはよくわかりません。 写真が彼です笑

e0137165_394658.jpg


そりゃ変わった人なんですけどね、でもすっごい優しくていいやつなんですよ 本当に楽しみです♪

世界一周旅行中のよっしーとは17thにバンコクのカオサンで会うので、その前前日位から彼とバンコクで会うことになると思います。

実は、出発がせまって少しずつどきどきが高まっているのですが、久しぶりの海外だからね。彼に会えるのはうれしいけどドキドキ感が更にアップ072.gif 英語で話さなきゃいけないしね~~~ まあなんとかなるでしょう。 I'm sure it's gonna be easy and nice!!


☆下記のブログランキングに登録中です。どれでもクリックしていただけたらうれしいでありんす♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[PR]
by lovely_smile094 | 2009-12-09 03:10 | タイ
そもそもカンボジア学校建設に誘ってくれたのは、カンボジアのプノンペンにある

"『愛のフリースクール
で出会ったよっしー

彼のブログの中でより詳しい内容が出ていたました。更には、時を同じくカンボジアあたりに行く予定がある人は、学校建設を一緒に手伝いませんかってことで、私のブログでも告知させてもらいます。


※※※※以下はよっしーの

Smile Earth Project 

のブログの内容です。

さて、カンボジア学校建設の準備が整ってきたようです。

リーダーの
かで&ぐりこ夫妻が始めたこのプロジェクト。

その学校建設の準備がそろそろ始っている様子。

場所は、シェムリアップ中心部から40~50キロ離れたトロペアン・トム村 。
人口1289人、世帯数223。そのうち就学児童年齢の子供たちが504人。

そのうち学校に通えているのがたったの56人。
村の人々はほぼ100パーセント農業で暮らしている。

この村で学校建設がいよいよスタート!!
カンボジアの教育委員会、村の方々も喜んでくれているそうです。

俺達も12月から現場に合流。

みんなで楽しみながら一生懸命、学校建てましょう!!

これまで旅であった人、そして日本からも数名がお手伝いに来てくれる。これは何よりも心強い。

ちなみに建設終了予定は、2月中旬。
みんなでレンガ積んで、壁作って、ペンキ塗って、いい汗かこうよ!!
俺達もめちゃくちゃ楽しみ♪

村の人たちが喜んでくれる顔が想像できるね~。

そんな村の人と交流を持てることも楽しみ♪

まだまだ参加者募集してます!!
数名のプロの方がいらっしゃるので、未経験でも大丈夫!!
そういう俺達も建物なんか建てたことないし・・・。
まぁ、指導してもらえれば、レンガぐらい積めるでしょ~!

もし、これからカンボジア行きを予定されてる方!!1日でも2日でもご参加いただけると助かります。

ぜひぜひ参加してください!!

興味ある方、詳細送りますんで、メール下さい。

宜しくお願いします!!


※※※※※
時間のある人は一緒にいかがですか? 旅の思い出になること間違いなし!

実際、俺もまだ行ったことない村には504人からの子供がいるんだって?!

カンボジアの子供たちは本当に元気だからねーーー!

楽しみです。みんなめちゃめちゃかわいいよ053.gif

e0137165_151457.jpg
☆下記のブログランキングに登録中です。クリックして頂けたらうれしいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2009-11-22 15:14 | カンボジア
友達のよっし~に誘われて12月中旬からカンボジアに行って学校建設のお手伝いしてくることに決めたわけですが。。。

実は内容を特に知らなかったのです。

それが今日判明しました

よかったらこちらのブログを見てください 勝手に宣伝しちゃってますが笑い↓
http://blog.goo.ne.jp/daitinotabi
えっと、以前カンボジアのアンコールワットの近くの街、シェムリアップというところに訪れた際に、クルサー・リッリエイ孤児院という施設にお邪魔しておりました。単に遊びに行って子供とじゃれてただけですが、なにか?

そこで伊藤聡さんという方に出会いました。この方は以前日記にも書いてますが、この孤児院を全面的に支援され、カンボジア国内に既に数箇所の学校を建設された方です。それを、日本人ではほとんど一人とカンボジアの仲間やドイツ人の仲間の方とされてこられたのです。

その伊藤さんと、今回学校建設の中心人物のかで&ぐりこ夫妻も知り合いだったのでした。そしてその二人と、よっしー&葵ちゃんの夫妻も旅の途中で出会った友達なのでした。更に、俺がシェムリアップで出会ったマミちゃんという女の子も、かで&グリコ夫妻と友達でした。

まさに、世界に自動的に広がっている友達の輪! 的な感じです。

すっげーって思いました^^

こんかいの主催者のかで&グリコ夫妻の
e0137165_110758.jpg
ブログ見てたら、これから進み始める学校建設の全体像が見えてきて、すごくどきどきします。ただ、実際に滞在する期間は1ヶ月だけです。長いようでとても短い、ね。

だから、頑張って学校作ってくるよ~~! どんなして建てるのかもおそらくおいおいわかってくるでしょうしね


☆下記のブログランキングに登録中です。クリックして頂けたらうれしいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2009-11-16 01:10 | カンボジア
今度は短期間(1ヶ月のみ!)ですが、カンボジアへ再び行ってきます

何しに行くんだって? 

きっかけは、以前にも紹介させてもらった、夫婦で世界一周旅行中で今は帰国でインターバルで神奈川の相模原に住んでいる?かどうかはしらないが、

よっしーに誘われたからさ よっしー&葵チャン夫妻。

→ふたりの日記http://yosshi.smile-earth.com/?eid=1291993

そしてその二人と友達とが共同で、カンボジアに学校を建設する!

先日、仕事を退職したのを知ったよっしーが一緒に行きませんかって誘ってくれたから。

でも実は、やっぱり、流石の俺も、このうれしくも急なお誘いに迷った! が、やっぱり行くことにした
先のことなんて誰にもわかりゃーしないのさ( ´ー`)フゥー

いやもちろん先のことも考えている。しかし、それらがどういう形で繋がっていくのか、形作られるのか、はたまた行き着く場所へどういう経路でたどり着くのかは、予測不能。

俺の頭の中の未来予想図にはいくつもの道がある。

もちろん誰に対してもそうだろう。↑ちょっとかっこいい?笑

そういうわけで12月中旬と約1ヵ月後になるが、再びカンボジアの地へ赴くことにしたわけだ

祝 二度目のカンボジア。

応援メッセージよろしく 
e0137165_2046159.jpg


☆下記のブログランキングに登録中です。クリックして頂けたらうれしいです♪

にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2009-11-14 20:47 | カンボジア

さよならワット・サケオ

たった4日間だけだから当たり前だけど、あっという間の4日間でした。
今日でワット・サケオをでて次の目的地に向かいます072.gif

思えばいきなり訪れた僕を暖かく(?)迎え入れてくれたここの先生方に感謝072.gif

ここで得たもの。一番にはやっぱり子供たちとたくさん触れ合い、たくさんの笑顔に囲まれて過ごすことができたこと。
どこに行っても子供はやっぱりかわいいし、とても純粋な心を持っています。
おそらく日本の子供たち以上に。彼らの笑顔はこの先もきっと忘れることはないでしょう。

そして、もう一つ思ったこと。今まで子供と過ごすときは言葉がたとえ通じなくても、何とかなると思っていました。実際に今まではそれでも十分に気持ちが通じ合えたように思っていました。

でも、言葉が通じればもっとたくさんの心を交わすことができるのだと気づかされました。
言葉が通じればもっと子供たちの気持ちを聞いてあげることができる。
いろんな僕が見てきたことを話してあげることもできます。

それと、こうした大規模な学校を作り上げたタイという国を尊敬します。外部からの支援などがあったにせよ、現実に1000人を超える子供たちの為に、学ぶ場所を作り上げそれを継続しているのです。とても素晴らしいと思います。
いつかこんな学校を俺も作れたらいいなぁ などと、遠い先のことを考えました。

e0137165_2242304.jpg


e0137165_22471612.jpg


e0137165_22492022.jpg


そして、ここから一気に北上し、目指すはラオス!

その前にウドーン・ターニーという町に立ち寄りますけどね001.gif

さよならワット・サケオの子供たち。先生方。出会ったボランティアの方々。
また会う日まで。

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-20 22:15 | タイ
ここワットサケオのことを少し紹介します。

世界遺産として有名なアユタヤの町から車でおよそ15分程度北に位置する場所にSra kaeow寺院があります。日本語でいうとワットサケオです。

ここはタイでも最大規模の、孤児や、貧しくて学校に通えない子、山岳地帯に住んでいて学校に通えない子供、家庭に問題がある子供、そういったなんらかの問題を抱えている子供のために設立された学校です。。

幼稚園もここには併設されておりう、つまり幼稚園・小学校・中学校とが一緒になってとても大きな学校です。そして、その多くがここに作られた寮に住んでいます。

学校の先生はみんなの親代わりです。 僕はタイ語がろくに話せないためあまりコミュニケーションも取れませんでしたが、ボランティアの中にはわずか数ヶ月でめきめきとタイ語の実力を上げている人もいました!(ヒロのことだよーん^^003.gif

俺もクメール語をがんばります!

今回もわずか数日の滞在のため、十分に何かを教えてあげることも難しい。だからできるだけ子供たちと遊ぼう♪ そんなわけで、夜男子寮に遊びに行ったり、女子寮に遊びに行ったり(もちろん女子寮の部屋へは入れませんよー。廊下で遊びました)。

タイの子供たちはカンボジアの子よりは少しだけ恥ずかしがりやかなぁ でも、ちょっと慣れたらやっぱり一緒です。きらきらした笑顔をたくさん見せてくれました。

e0137165_2215059.jpg


e0137165_223712.jpg
 毎朝こうして朝礼が行われています。タイは仏教国で礼儀正しい子がいっぱいです。



e0137165_225293.jpg
 一緒にクラスに行った同じボランティアのつなくんと子供たち。

e0137165_22817.jpg
同じくボランティアで来ているまことくん。どうどうとしてましたねー

そして、ここで滞在中は食事もすべて含んでいます★☆★

いつもおいしい料理を作ってくれた先生方、この場を借りてお礼申し上げます。このページを見られることはないかと思いますが…

そして今日もワットサケオの夕日はしずかに暮れていきました。。美しいです。
そして今日も寮へ遊びに行きます♪ どっちって? さて。
e0137165_22121229.jpg


下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-18 21:42 | タイ
さて、昨日は遅くに到着したせいで起きたのはお昼ごろ。。。とってもだるいです。

しかし、もさもさと12時のチェックアウトに向けて再度パッキング。

そして、今日は目的の地、サケオスクールを目指します。学校へ行くぞ!

もちろん少しばかりは観光も♪

アユタヤはご存知の方も多いと思いますが、世界遺産として登録されている地のひとつ。バンコクから北へ80km。その昔、1350年ごろからおよそ400年間にわたりアユタヤー王国が築かれていた。ヨーロッパ諸国とも外交関係を持っていたが、隣国ビルマとの度重なる戦いを経て、1767年についにアユタヤー王朝は陥落。ビルマ軍の手により、歴史ある建物の数々が徹底的に破壊され、その残された姿が今のアユタヤーの古都の姿。

そんな栄枯盛衰を感じさせる街、アユタヤを自転車を使ってゆっくりと散策しました。

e0137165_1601119.jpg


そして有名なワット・マハータートの遺跡。ビルマ軍によって切り落とされた仏像の頭部が、長い年月の間に完全に木に取り込まれてしまったこの遺跡は、自然と歴史の神秘を感じさせます。

日本人観光客もわんさかいました。そんな一行に頼んで一枚。

e0137165_1611164.jpg


アンコールワット遺跡との違いを考えつつ、レンガ造りが主となったこうした遺跡群をゆっくりと散策しました。でも、やっぱり破壊された遺跡の後が痛々しい。

e0137165_162468.jpg


e0137165_163884.jpg



e0137165_1634458.jpg


さて、一通りメインと思われる遺跡は周り、遅くなる前に目的の学校へたどり着かねば!

しかし、ホテルのフロントに聞いても名前すら知らないという。というわけで、頼りのアユタヤ観光センターに行ってみました♪さすがは観光センターで、すぐに場所も距離も把握。

もともとお寺だった施設が、孤児の子、農村地区で学校に通えない子、過程に問題がある子、さまざまな事情を持つ子供たちに安全で平等な学ぶ場を与えるために作られた学校です。学校とお寺が広い敷地内にあり、アユタヤ観光のパンフレットにもそういった記述がされていました。

しかし、街から30km程度の少し離れた場所で、行くには車くらいしかないと対応してくれた女性は言います。

俺 「車で行ったらだいたいいくらくらいかかりますかね?」

受付の女性 「1000バーツくらいだと思います。」

1000バーツ!ドルにして33どる!!! 高すぎるでしょー!!!!

受付の女性 「でもトゥクトゥクで行ったらもっと安くいけますよ。よかったら今から知っているトルクトゥクに電話して聞いてみましょうか?」

う~む。。。 なんとなく高い値段が不安でしたが、仕方ないのでお願いしました。

その人は日本語が話せるとのことで、別にそれはどうでもよかったのだけど、電話を変わって聞きました。

俺 「サケオスクールに行きたいんですけど、いくらくらいですか?」

うんちゃん 「サケオスクールですか。結構遠いですよねー。でもトゥクトゥクなら350か400バーツくらいで行けますよ!」

時間も遅くなる前に行きたいし、観光センターの人からの紹介だから大丈夫だろう。
俺 「じゃあそれでお願いします。3時半に迎えに来てください」

_ そして3時半。泊まっていたホテルに迎えに来てくれたのはおじさんでした。

e0137165_16133855.jpg


まあまあうまく日本語も話していました。しかし、考えれば考えるほど350は高い。だってバンコクからチェンマイに行くバス代が350バーツですから。。。。。。。

んんんん、でもまあいい。もう頼んでしまったんだし、どちらにしろ車で行くしかないのだからね。しかし、他の用事がある人はどうしてるのだろうか?と考えながらスクールへ向かう。。

40分程度たったころ、ついに到着、ワット サケオ060.gif

しかし、ガラーンとしてるぞな。。。1000人以上の生徒が待っているはずでは? これ如何に?
お、お? おーそういえば今日は土曜日じゃ!

しまったぁぁぁ! 来ても意味ないじゃん! 子供たちと触れ合えないじゃん!007.gif

まあともかく来た以上乗り込んでみよう!

大きな校舎に大きな運動場、とにかく大きな敷地。 お母さんと子供が戯れていました。

しかし事前の情報では、先生ですらあまり英語は話せないとの事だった。。。

ここで、なんとうんちゃんのおやじさんが本領発揮!?

「何日くらい滞在するんですか?」 「4日間ぐらいです(宿泊料高いしね)」
「ボランティアです」

するとおじちゃん、ペラペラとそのお母さんに説明してくれました。その人は先生の一人だったのです。
「ついて来て」 そんな感じを言われて奥のほうに。 そこには別の先生が。

おじちゃんまたも説明してくれました。 4日間で、ボランティアで、ここに住む、

今は日本人が3人来ているそうでした。いずれも代理店を通して。
そして宿泊料金1日700バーツだけど、滞在してもいいよって☆♪☆

アポもなく、代理店からの紹介でもなく、突然来たわけわかんない日本人でしたが、おじちゃんのおかげか?! ともかく受け入れてもらえることになりました♪
うーん。世の中面白いな。。。 

後の話。ここ、ワットサケオに来るには乗り合いバスでも来れて、その場合は15バーツ… 以前バスを乗り過ごし、トゥクトゥクで150バーツで来た人もいました。。。。

これって悪い冗談? 観光センターとぐるになった騙しですか? え? でも。 通訳として役立ってくれたのでOK!


☆しかしこの日はこれで終わりませんでした☆
そのときいた日本人のヒロ君といろいろ話しをしてたら、今日はムエタイの試合に子供たちが出るので応援に行くとの事☆ いきまーっす もちろん! 一回生で見てみたかった♪

学校の先生が手配したトラックの後ろに数名の子供たちと乗り込みいざ出陣。 少し遠かった…
この子供の無邪気な顔が、いざ試合になると気合の入った顔になるもんね。

e0137165_1633164.jpg

場所は大きな会場ではなく、路上マーケットの一部に特設されたリングによって行われるもの。なんだっていいですよ♪ しかも、この日は子供のムエタイだけでなく、女性同士の試合も見れ、とても珍しいことに日本人3名の方が出場することになっていました。

e0137165_16334921.jpg


e0137165_16342093.jpg


試合結果は、残念ながら子供たちは負けてしまい、日本人の方々は三人のうち一人が一勝をもぎ取りました! 全部で多分20試合以上かな、終わったのは12時を回っていました。 疲れた。
しかし、初めてのムエタイは面白かった。 チャンピオンリーグなどとは程遠いのだろうけど、迫力は十分に感じました019.gif

そして、またもやトラックの荷台に乗り帰る途中、12時過ぎているのでとても寒く風も冷たい。子供たちは我先にとたった一枚の毛布を奪い合うように包まっていました。
一人だけ位置的に入りにくい子がいました。見てると眠いけど寒くて寝れなそうだったので、僕のほうに引き寄せて服をかけて後ろから抱きしめてあげました。 トラックの上なので風もすごく強かったけど、いつしかその子はすやすやと寝ていました001.gif

やっぱりどこに行っても子供はかわいいね。 ムエタイやってるときは精悍な顔してるけど子供はやっぱり子供。途中腰も少し痛くなったけど、動くと起こしてしまいそうだからそのまま学校まで我慢してじっと抱きしめてあげました。

着くまで本当にぐっすりと寝てました。 着いてあわてて起きたその子は、手を合わせて コップンクラッ(ありがとうございます) と言ってくれました。いいってことよーっ^^

明日は日曜日で一日ゆっくりします。

そして、月曜と火曜のたった二日間だけだけど、積極的に学校に関わっていこうと思います。

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-17 15:21 | タイ