長州で生まれ長州育ち、好きな人物は坂本龍馬!カンボジアから始めた旅と共に始めたブログ☆ 話題はカンボジアだけでなく様々ですが、どうぞ気軽に絡んでやってください♪


by lovely_smile094
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

タグ:孤児院 ( 4 ) タグの人気記事

3/9 カンボジア

朝6:00。 カンボジアの首都プノンペンに向けたバスに乗り込む。

4カ国に渡る旅もいよいよ終わり。 あっという間だったけどとても充実した日々を過ごせた。いろんなことを知った。いろんなものを見た。たくさんの子供たちと触れ合った。いろんな人に出会った。忘れられない思い出がたくさんできた。時間ある中でたくさんのことを考えた。

しかし、まだ終わっていない!

プノンペンであったたくさんの人にもう一度会うこと! 日本へ帰国までのあと1週間!

朝も早い6:00でしたが、ここでも偶然の再会が。

「誠君!」 そう、ニャチャンで会い晩御飯一緒に食べた誠君がバスに乗り込んできた。カンボジアへ行くとは聞いてたけど、またここで同じバスになるとはねぇ

「パスポートありました?」 『ん、あー 何とか昨日手に入ったよ』

そんな感じでプノンペンへ向け出発! およそ6時間のバス。

ベトナムからカンボジアへ陸路で国境超え!

これも、思っていた以上に簡単でした。念のため写真を2枚用意していましたが必要なし。今回僕はシンカフェのバスツアーを使いましたが、車内で申請用に25ドルを支払う。
申請用紙も書かなきゃなーと思っていたが、ボーダーラインについても一向にその気配はなく、ただ待って、並んで、パスポート受け取って、ここはカンボジア060.gif

超簡単でした。

カンボジア、ついに帰ってきた! 町並みがとたんに変わる。 でもこの道を通るのはもちろん初めて。 聞いていたよりも舗装されているしいいんじゃない? 食堂で休憩がてら飯を食う。 安い072.gif しかもぼったくらない072.gif クメール語が通じる(当たり前か、僕はしゃべれないけどね)

バスの中、これまでの旅を振り返るよりも、再び合間見えるプノンペンのことを僕は考えていた。

変わっているだろうか。

そして、着いたのはオルセーマーケットの近く! 変わってない!

人であふれ返るマーケットの周辺。 他の国より少し古めの服をみんな着ている。 でも少し前よりきれいな服装が見て取てとれた。変わっているところもあるカンボジア。 バイタク・トゥクトゥクのおいちゃんはあいかわらず指1本立ててこっちをじっと見ている。 バイクの数は以前よりも増えたように思えた。


少しだけ懐かしさに浸ったが、今日は行く予定があった。 あの、双子がいる孤児院へ行こうと決めていたのだ。

一緒に来ていた誠君や他のみんなともお別れをし、トゥクトゥクを頼んで学校へ向かう。

10分ほどで学校に着く。しかし、誰もおらん… とにかく荷物を整理していたら、お母さん(お母さんというあだなのボランティアの人。そんな年がいっているわけではない)が起きてきた。

『なんだいたんじゃん!久しぶり!てことで、孤児院行くけど、行く?』

再会。

ボランティア仲間の佐野さんと、新しいボランティアの男の子と三人で行った。そして再会!

懐かしい子供たちの顔。 ほとんどメンバーは変わっていない。 当たり前? そうたった1ヶ月半だものね。 みんな以前と変わらぬ元気な笑顔だった。 男の子はさすがに成長が早いのかな、背が伸びている。 そして、あのかわいい双子ちゃんも元気な姿を見せてくれた。 あいかわらず少し照れ屋? 叩いては逃げる。 子供たちの元気いっぱいの笑顔はこちらにも元気を与えてくれる。 お土産に持っていっていたミサンガも飴もすぐになくなっちゃった003.gif

e0137165_1253313.jpg

e0137165_12535689.jpg

e0137165_12543814.jpg

e0137165_1255672.jpg

e0137165_1255516.jpg

e0137165_12494024.jpg


下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-03-09 12:23 | カンボジア

2/2 父性?

何日か通っているシェムリアップの孤児院は少し複雑な経緯がありました。

その孤児院の名はクルサー・リッリエイ孤児院といいます。意味はクメール後で 幸せな家族。

今回シェムリアップに来て偶然お会いできた伊藤聡さんから、以前より支援をしてらっしゃるこの孤児院にまつわる数々の話をお聞きし、また、ホームページの中でより詳しい事情を知ったとき、涙が止まりませんでした。

ここで暮らす子供たちを知っているから、よけいにこうした非人道的な行為が許せませんでした。

NGOとはなんなのか? 支援とは何なのか? 様々なことを考えさせられます。

でも一つでも、たった一つでも笑顔を増やしていくこと、そうした志を持って動くことが支援なのではないか。 

☆こうした事実があることを少しでも多くの方に知って頂きたいと思います。詳しくは下記ホームページで見れますので、ぜひご覧ください。
今も子供たちは戦っています。


ところで、タイトルの父性ってやつですが、この孤児院はみんな礼儀正しい子が多いんですがやはり中にはすっごい腕白な男の子もいるわけで。
そいつが何でか俺にすっごいなついちゃってんですよね

行くと必ず近寄ってきて、俺の腕の中に入って腕を取って抱きしめさせます

それを見たほかの腕白仲間が攻撃を加えようとします。

その攻撃から俺を守ろうとします001.gif

きっと彼はお父さんが恋しかったのかな。

彼は10歳だったから、まあ、、俺の子供の年齢でもおかしくないしね、ハハ

あまり長くここにいてあげられないけれど、少しの間だけお父さんがわりだよ。

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-02 12:16 | カンボジア
朝一番にNGOスクールを出発しました。 全部で6週間という日々が詰まった場所。

数人の生徒やスタッフと偶然出会い別れの握手を交わしました。

最後の日、バス会社まで送ってくれたのは、日本語の先生もしているカイさん。 ありがとうね~

さて、今日向かいますのは、カンボジアといえば! と言うくらい有名な街。

アンコール・ワットのあるシェムリアップです☆

プノンペンからツアーバスでおよそ6時間。8ドル。 何も危険なんかないはずですがプノンペンになれた俺にとって、他の地へ行くのは少しどきどきします。

しかもね、ちょっとしたアクシデント?っていうの。

バスは2階建ての立派なもんで、1回にはトイレまでついてるのね。
e0137165_16342649.jpg

それでそのトイレが、なんか水が流れないらしく、そう、誰かうんこしちゃったんだけど、便器の中でそれが流れないわけよ。スタッフが時々消臭剤まいてるから何かあったんかなーと思ってたらさ。
なんか臭くない… ほんのりと…
いやーまいったね。 消臭剤のおかげで激くさではなかったけど、おかげで道中うんこの臭いをかいでました008.gif

そんな道中もありながら到着したシェムリアップ☆ 少し心強いことに、以前NGOスクールでボランティアとしていたマリちゃんがまだこの町に滞在しています☆

その紹介で住んでるところのゲストハウスも紹介してもらって、寝るところも無事確保
(このゲストハウスとってもよかったよ! 1日6ドルでちょっと高目かもしれないけど、ダブルベットの広い部屋だったし、フロ・トイレ完備、もちホットシャワーも、自転車貸し出し無料だし、朝食でラーメンが食べれる。また行ったらまたここに泊まります、きっと)

そしてもう一つ、
「カレーパーティ今日孤児院でするんですけど来ませんかー?」

いいのか? いきなし来た俺がそんなパーティにいきなり参加して?

でもカレーは食べたいしね、 じゃーいきますー!

そんなわけで孤児院、行ってきました。 そしてまたも子供たちと戯れました。ちょっと遠慮しながらね。初対面やしね001.gif 日本人の子が他にも4人来ていて、子供もたくさんいてすっごいにぎやかだった。 そしてここでも素敵な日本人の皆にあえて、この縁にも感謝したよ。

カレーもめっちゃおいしかったし、子供も超元気! なんだかプノンペンの子供よりも腕白な気がするのは俺だけか?!
e0137165_16333755.jpg

e0137165_16355251.jpg


この孤児院についてはまた後日詳しくご紹介したいと思います。

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-01-29 16:16 | カンボジア

初めての孤児院

他のボランティアメンバーと一緒に、プノンペン市内にある孤児院に行ってきました。

そもそも僕は子供というものが好きでも嫌いでもありませんでした。 かわいい子はかわいいですし、でも、生意気なやつは生意気だしね006.gif
でも、オーストラリアで児童英語を学んでいた時に行った、チャイルドケアセンターであった子供たちは本当に可愛かった。男の子も女の子も、生意気なやつでも可愛かった。
いままで、特に子供に近寄ろうとか思わなかったけど、まあ食わず嫌いみたいなもんだったんですかね003.gif

そんなわけで、学校の生徒でもあり友達でもあるピロムさんたちに連れられて、僕たちは行ってきました。

その施設には20数名の子供たちが共同で生活をしていました。みんながみんな孤児というわけではなく、ある子供は、親が貧しくて育てられなくなりここに預けられ、ある子供は家庭内の問題からここに守られている、それぞれがいろんな問題があり、その行く末の中でここにたどり着いているのです。
みんなとっても痩せていました。満足な栄養が取れていないのかな。

でも、みんなとっても元気でした♪
僕たちは一緒に歌を歌いました! 今までにもたくさんの日本人が遊びに来たこともあるようで、日本の歌を数曲歌えるのです。
その歌は、すき焼きソング
上を向いて歩こう、です^^ 言葉の意味はさすがにわからないようでしたが、みんなとっても上手でした♪ 音楽もない中でみんなで手拍子で歌いました。
そしてその後は折り紙大会をしました。 別に競ってたわけじゃないんですが、子供たちが張り切って張り切って、、、 特に手裏剣を作ってあげたら感動してました。 あれって意外と難しくってみんなできないもんだから、せんせい俺の俺のってちょうせかされました008.gif

でも作ってあげたら満面の笑顔。カンボジアの子供もやっぱりめちゃくちゃ可愛かったーーーーーー

お土産に飴を買っていきました。一人ずつ配ってあげると、みんなお行儀よく手を合わせて、『ありがとう』 or 『オークン』と。 いい子たちだぁ003.gif

e0137165_12232453.jpg

手拍子で歌を歌いました♪
e0137165_12214046.jpg

ボランティアのなおこちゃんが優しく教えてあげてました。
e0137165_12244857.jpg

みんあ写真撮られるの大好きです。

子供たちの中に、なんと可愛い双子ちゃんがいました053.gif 当たり前だけどそっくりでとっても可愛いです053.gif でも、一人の子はすぐになついてきて一緒にはしゃいでましたが、もう一人の子は呼んでもつついてもまったく無反応。ていうか無表情でした… 心に何か重いものを抱えてるんだろうか… とても心配になりました。。。

でも、実際にこの子達に僕が何をしてあげられるのだろう。 時々遊びに来て一緒に遊んで笑って… でもそれだけじゃなくて何かできることはないのだろうか。 お金を寄付すること? それもひとつの方法。 何か心を温かくできるようなこと、みんなの将来に役に立つこと。


この日の夜はみんなでカンボジアの鍋を食べました。日本とは一風変わったものが入っていておいしかったです。

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-01-06 12:06 | カンボジア