長州で生まれ長州育ち、好きな人物は坂本龍馬!カンボジアから始めた旅と共に始めたブログ☆ 話題はカンボジアだけでなく様々ですが、どうぞ気軽に絡んでやってください♪


by lovely_smile094
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

今23:54です

今タイランドは日本から2時間遅れの23:54です。さっきまでオーストラリアでクラスメイトだったタイ人のトーマスとその友人のマーと一緒にビアーを飲んでました。

随分久しぶりのタイの首都バンコクにある、カオサン通りにいるわけですが、なかなかいいですね。ここはアジアを旅する人の中継地であり出発地としても知られているところでたくさんの旅行者が集まります。

以前来たときに比べて日本人は少ないように思いました。中国人・韓国人はそこそこいます。ほとんどは欧米諸国の旅行者でした。
証拠写真を載せたかったのだけど、カメラと繋ぐコードをゲストハウスに忘れてしまったのでまた今度載せます。

ともかく、タイは暑いです!汗を普通にかきます!泊まってる先にはエアコンが付いてなくファンのみです。なのでやはり暑い>< でも今はネットカフェでエアコンが付いていて涼しいです。

友達のトーマスが言ってました。この季節本来は雨が多い季節だけど今年は本当に降らない。これもグローバルウォーミング(地球温暖化)の影響であろうと。環境問題というよりも地球問題として自分たちも考える必要があるのかもしれないなと思いました。そうするとあまりに壮大になってしまいますが、問題は待ってはくれません。

たとえ日本はよかったとしても、必ず回りまわって日本にも影響を及ぼすことです。個人の力があまりにも小さく感じて、諦めてしまいたくもなりますよね。

話は随分それました。タイフードを食べました まだグリーンカレーは食べてないけど、やっぱり安くておいしいです♪♪

明日はよっしーと待ち合わせて直近のスケジュールを決めていきます。カンボジアに行く前にグリーンカレーはぜひ食べたいですね カロリーは高いですけどね笑

☆下記のブログランキングに登録中です。どれでもクリックしていただけたらうれしいでありんす♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[PR]
by lovely_smile094 | 2009-12-17 01:49 | タイ

いや~ どきどきだね

さっきも日記を書いたのだが、実は今しがたあるメッセージを受け取った。 オーストラリアでの学校で出会ったタイ人のトーマス072.gifという男がいる その彼からフェイスブックというmsnを通してメッセージを受けたのだけど、今ちょうどバンコクにいて、俺がバンコクに着くまで待ってるというのだ!

補足で、フェイスブックってのは、簡単に言えばミクシーの海外版。もし外国人の友達がいて連絡取り合いたいならこれはマジでお薦めです。

そうそれで、そのフェイスブックで今度カンボジアに行くことを外人の友達宛に書いていましたら、彼からメッセージが来たのです。

海外であった日本人とは何度かあるけれど、海外で知り合った友達との再会はそうあるものではない! 唯一再会できたのはカンボジアで会ったバンちゃんという男の子だけだ。東京でだけどね

そう、そのトーマスという男なんですが、彼は、、、ゲイ? バイセクシャル? どっちかはよくわかりません。 写真が彼です笑

e0137165_394658.jpg


そりゃ変わった人なんですけどね、でもすっごい優しくていいやつなんですよ 本当に楽しみです♪

世界一周旅行中のよっしーとは17thにバンコクのカオサンで会うので、その前前日位から彼とバンコクで会うことになると思います。

実は、出発がせまって少しずつどきどきが高まっているのですが、久しぶりの海外だからね。彼に会えるのはうれしいけどドキドキ感が更にアップ072.gif 英語で話さなきゃいけないしね~~~ まあなんとかなるでしょう。 I'm sure it's gonna be easy and nice!!


☆下記のブログランキングに登録中です。どれでもクリックしていただけたらうれしいでありんす♪

にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 経営ブログ コンサルタント・コーチへ
にほんブログ村
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ
にほんブログ村
[PR]
by lovely_smile094 | 2009-12-09 03:10 | タイ
ここワットサケオのことを少し紹介します。

世界遺産として有名なアユタヤの町から車でおよそ15分程度北に位置する場所にSra kaeow寺院があります。日本語でいうとワットサケオです。

ここはタイでも最大規模の、孤児や、貧しくて学校に通えない子、山岳地帯に住んでいて学校に通えない子供、家庭に問題がある子供、そういったなんらかの問題を抱えている子供のために設立された学校です。。

幼稚園もここには併設されておりう、つまり幼稚園・小学校・中学校とが一緒になってとても大きな学校です。そして、その多くがここに作られた寮に住んでいます。

学校の先生はみんなの親代わりです。 僕はタイ語がろくに話せないためあまりコミュニケーションも取れませんでしたが、ボランティアの中にはわずか数ヶ月でめきめきとタイ語の実力を上げている人もいました!(ヒロのことだよーん^^003.gif

俺もクメール語をがんばります!

今回もわずか数日の滞在のため、十分に何かを教えてあげることも難しい。だからできるだけ子供たちと遊ぼう♪ そんなわけで、夜男子寮に遊びに行ったり、女子寮に遊びに行ったり(もちろん女子寮の部屋へは入れませんよー。廊下で遊びました)。

タイの子供たちはカンボジアの子よりは少しだけ恥ずかしがりやかなぁ でも、ちょっと慣れたらやっぱり一緒です。きらきらした笑顔をたくさん見せてくれました。

e0137165_2215059.jpg


e0137165_223712.jpg
 毎朝こうして朝礼が行われています。タイは仏教国で礼儀正しい子がいっぱいです。



e0137165_225293.jpg
 一緒にクラスに行った同じボランティアのつなくんと子供たち。

e0137165_22817.jpg
同じくボランティアで来ているまことくん。どうどうとしてましたねー

そして、ここで滞在中は食事もすべて含んでいます★☆★

いつもおいしい料理を作ってくれた先生方、この場を借りてお礼申し上げます。このページを見られることはないかと思いますが…

そして今日もワットサケオの夕日はしずかに暮れていきました。。美しいです。
そして今日も寮へ遊びに行きます♪ どっちって? さて。
e0137165_22121229.jpg


下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-18 21:42 | タイ
さて、昨日は遅くに到着したせいで起きたのはお昼ごろ。。。とってもだるいです。

しかし、もさもさと12時のチェックアウトに向けて再度パッキング。

そして、今日は目的の地、サケオスクールを目指します。学校へ行くぞ!

もちろん少しばかりは観光も♪

アユタヤはご存知の方も多いと思いますが、世界遺産として登録されている地のひとつ。バンコクから北へ80km。その昔、1350年ごろからおよそ400年間にわたりアユタヤー王国が築かれていた。ヨーロッパ諸国とも外交関係を持っていたが、隣国ビルマとの度重なる戦いを経て、1767年についにアユタヤー王朝は陥落。ビルマ軍の手により、歴史ある建物の数々が徹底的に破壊され、その残された姿が今のアユタヤーの古都の姿。

そんな栄枯盛衰を感じさせる街、アユタヤを自転車を使ってゆっくりと散策しました。

e0137165_1601119.jpg


そして有名なワット・マハータートの遺跡。ビルマ軍によって切り落とされた仏像の頭部が、長い年月の間に完全に木に取り込まれてしまったこの遺跡は、自然と歴史の神秘を感じさせます。

日本人観光客もわんさかいました。そんな一行に頼んで一枚。

e0137165_1611164.jpg


アンコールワット遺跡との違いを考えつつ、レンガ造りが主となったこうした遺跡群をゆっくりと散策しました。でも、やっぱり破壊された遺跡の後が痛々しい。

e0137165_162468.jpg


e0137165_163884.jpg



e0137165_1634458.jpg


さて、一通りメインと思われる遺跡は周り、遅くなる前に目的の学校へたどり着かねば!

しかし、ホテルのフロントに聞いても名前すら知らないという。というわけで、頼りのアユタヤ観光センターに行ってみました♪さすがは観光センターで、すぐに場所も距離も把握。

もともとお寺だった施設が、孤児の子、農村地区で学校に通えない子、過程に問題がある子、さまざまな事情を持つ子供たちに安全で平等な学ぶ場を与えるために作られた学校です。学校とお寺が広い敷地内にあり、アユタヤ観光のパンフレットにもそういった記述がされていました。

しかし、街から30km程度の少し離れた場所で、行くには車くらいしかないと対応してくれた女性は言います。

俺 「車で行ったらだいたいいくらくらいかかりますかね?」

受付の女性 「1000バーツくらいだと思います。」

1000バーツ!ドルにして33どる!!! 高すぎるでしょー!!!!

受付の女性 「でもトゥクトゥクで行ったらもっと安くいけますよ。よかったら今から知っているトルクトゥクに電話して聞いてみましょうか?」

う~む。。。 なんとなく高い値段が不安でしたが、仕方ないのでお願いしました。

その人は日本語が話せるとのことで、別にそれはどうでもよかったのだけど、電話を変わって聞きました。

俺 「サケオスクールに行きたいんですけど、いくらくらいですか?」

うんちゃん 「サケオスクールですか。結構遠いですよねー。でもトゥクトゥクなら350か400バーツくらいで行けますよ!」

時間も遅くなる前に行きたいし、観光センターの人からの紹介だから大丈夫だろう。
俺 「じゃあそれでお願いします。3時半に迎えに来てください」

_ そして3時半。泊まっていたホテルに迎えに来てくれたのはおじさんでした。

e0137165_16133855.jpg


まあまあうまく日本語も話していました。しかし、考えれば考えるほど350は高い。だってバンコクからチェンマイに行くバス代が350バーツですから。。。。。。。

んんんん、でもまあいい。もう頼んでしまったんだし、どちらにしろ車で行くしかないのだからね。しかし、他の用事がある人はどうしてるのだろうか?と考えながらスクールへ向かう。。

40分程度たったころ、ついに到着、ワット サケオ060.gif

しかし、ガラーンとしてるぞな。。。1000人以上の生徒が待っているはずでは? これ如何に?
お、お? おーそういえば今日は土曜日じゃ!

しまったぁぁぁ! 来ても意味ないじゃん! 子供たちと触れ合えないじゃん!007.gif

まあともかく来た以上乗り込んでみよう!

大きな校舎に大きな運動場、とにかく大きな敷地。 お母さんと子供が戯れていました。

しかし事前の情報では、先生ですらあまり英語は話せないとの事だった。。。

ここで、なんとうんちゃんのおやじさんが本領発揮!?

「何日くらい滞在するんですか?」 「4日間ぐらいです(宿泊料高いしね)」
「ボランティアです」

するとおじちゃん、ペラペラとそのお母さんに説明してくれました。その人は先生の一人だったのです。
「ついて来て」 そんな感じを言われて奥のほうに。 そこには別の先生が。

おじちゃんまたも説明してくれました。 4日間で、ボランティアで、ここに住む、

今は日本人が3人来ているそうでした。いずれも代理店を通して。
そして宿泊料金1日700バーツだけど、滞在してもいいよって☆♪☆

アポもなく、代理店からの紹介でもなく、突然来たわけわかんない日本人でしたが、おじちゃんのおかげか?! ともかく受け入れてもらえることになりました♪
うーん。世の中面白いな。。。 

後の話。ここ、ワットサケオに来るには乗り合いバスでも来れて、その場合は15バーツ… 以前バスを乗り過ごし、トゥクトゥクで150バーツで来た人もいました。。。。

これって悪い冗談? 観光センターとぐるになった騙しですか? え? でも。 通訳として役立ってくれたのでOK!


☆しかしこの日はこれで終わりませんでした☆
そのときいた日本人のヒロ君といろいろ話しをしてたら、今日はムエタイの試合に子供たちが出るので応援に行くとの事☆ いきまーっす もちろん! 一回生で見てみたかった♪

学校の先生が手配したトラックの後ろに数名の子供たちと乗り込みいざ出陣。 少し遠かった…
この子供の無邪気な顔が、いざ試合になると気合の入った顔になるもんね。

e0137165_1633164.jpg

場所は大きな会場ではなく、路上マーケットの一部に特設されたリングによって行われるもの。なんだっていいですよ♪ しかも、この日は子供のムエタイだけでなく、女性同士の試合も見れ、とても珍しいことに日本人3名の方が出場することになっていました。

e0137165_16334921.jpg


e0137165_16342093.jpg


試合結果は、残念ながら子供たちは負けてしまい、日本人の方々は三人のうち一人が一勝をもぎ取りました! 全部で多分20試合以上かな、終わったのは12時を回っていました。 疲れた。
しかし、初めてのムエタイは面白かった。 チャンピオンリーグなどとは程遠いのだろうけど、迫力は十分に感じました019.gif

そして、またもやトラックの荷台に乗り帰る途中、12時過ぎているのでとても寒く風も冷たい。子供たちは我先にとたった一枚の毛布を奪い合うように包まっていました。
一人だけ位置的に入りにくい子がいました。見てると眠いけど寒くて寝れなそうだったので、僕のほうに引き寄せて服をかけて後ろから抱きしめてあげました。 トラックの上なので風もすごく強かったけど、いつしかその子はすやすやと寝ていました001.gif

やっぱりどこに行っても子供はかわいいね。 ムエタイやってるときは精悍な顔してるけど子供はやっぱり子供。途中腰も少し痛くなったけど、動くと起こしてしまいそうだからそのまま学校まで我慢してじっと抱きしめてあげました。

着くまで本当にぐっすりと寝てました。 着いてあわてて起きたその子は、手を合わせて コップンクラッ(ありがとうございます) と言ってくれました。いいってことよーっ^^

明日は日曜日で一日ゆっくりします。

そして、月曜と火曜のたった二日間だけだけど、積極的に学校に関わっていこうと思います。

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-17 15:21 | タイ
バンコクに帰り着いたその日、後にしたチェンマイへの思いを馳せながらブラブラと街中を彷徨っていたら、なんとオーストラリアで同じ店で働いていた人に偶然出会いました!

「ひでさん久しぶり!」 向こうが気づいて声かけてくれました!

世の中ってやっぱり広いようで狭い!まさかこんなところで会うとは思いもしなかった!

お互いお腹がすいていたので、一緒にお昼ご飯を屋台で食べしばし歓談。

一人の食事よりもやっぱり人と一緒のほうがおいしいね

e0137165_14594928.jpg

数時間後これからの旅の予定などを話し、彼女は宿泊先の家へ帰っていきました。


さてと、、今日はアユタヤに向かおうと決めていた日013.gif

もう夕方前。時間は刻一刻と過ぎていく。どうするか、宿泊先はすぐに見つかるかな?

なによりすぐにアユタヤにたどり着けるか?

などなど考えつつも、時間は一瞬も無駄にできない!

またもや行き当たりばったりだけどとりあえず行ってみよう!

そんなわけでまずは北バスターミナルへバスで目指します。 

わからない時は現地の人にバスの中で聞きました。すると、運良くアユタヤ方面に行くというおじさんをバスの中で発見し、とにかく彼に着いていくことに。

バス停を降りてからバスターミナルまでのタクシー代は払わされたけど、まあいい。アユタヤに無事つけるなら(知ってる人にとっては全く難しくない道のりなんですが)。

夜、およそ10時ごろ。無事アユタヤに到着です003.gif

こっからがちょっと大変やった007.gif

重ーい荷物抱えて町をうろうろ。 なぜだか野良犬がめっちゃいる!しかも俺がとおりとうなりながらにじり寄ってくる!しかも一匹ではなく四匹ぐらいまとめて!
狂犬病にはなりたかないので、すばやく歩くが… 数匹が俺を囲まれるようにしてやってきた!犬たちは、日本のよりも1.5倍くらいでかい。

ともかく噛まれちゃならんとバックを盾に、早歩きと威嚇。するとなぜだか急に犬同士で喧嘩を始める。 ラッキー♪ そろそろと脇をすり抜けることができました041.gif

しかし、ゲストハウスもこの時間になるとさすがに安めの部屋は残ってない008.gif

めぼしをつけておいたゲストハウスも満室だったり、とにかく高かったり、そんな感じでうろついていると、一見ゲストハウスにしては立派そうなのを発見。

SUNRISE PLACE。

ホテルに入るとVIPルームしか開いてなく。値段は650BAT。
これは高い。だめもとで値段交渉してみる。するとスタッフ同士なにやら話し合い、

スタッフ: 「いくらなら出せるんですか」

私: 「だいたい300バーツくらいまで」

奥のほうで他のスタッフと話して後、今回はVIPルームを特別に300でOKでした。

広いし豪華! 少し古びた感もありますが、ダブルベッドだし、シャワーはもちろんお湯、冷蔵庫もあるし、机もある、なにより清潔で一人で泊まるにはもったいない部屋を半額以下でゲットしてしまいました。スタッフの子供(?)たちもよくしてくれた♪
!!e0137165_14553868.jpg

犬に追われてびびったりしたけど、やっぱり俺ってラッキー?

さ、明日はいよいよ目的の地、ワット・サケオスクールに行ってみます

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-16 22:05 | タイ
今日も朝からバイクをレンタルして行く先はもう決めていました☆

メオ族の村と、チェンマイ市内が一望できる小高い丘ドイ・ステープ!

街中を抜けると気持ちのいい山あいの道が続きます。
案内板があるので行き方も簡単。町をでて40分くらいたったころ、少しずつ道も細く悪くなっていきましたが、チェンマイの町が一望できる高さになってきました。

e0137165_19545311.jpg


心地の良い風が吹き抜けます。少し寒いくらいに。ほどよくして最初の目的地、メオ族の村に到着しました。しかし、うーんなんだろう。観光客用に整備されすぎててまるで村という感じではありません。 おみやげ物やさんも道の両脇に続いていて、好きな人はいいのでしょうけど、特に何も買う予定がない僕にとってはあまり意味もなく。

そんなわけでぶらぶらと歩きました。そうすると普通観光客が行かなさそうな普通の道があったので、そこを下りてみました。

するとそこには学校がありました☆ こんな山奥にまでやっぱり学校はあるんです♪
e0137165_202225.jpg


しかも、近づいていくとなにやら看板があって日本の国旗が描かれています!
e0137165_20262961.jpg

ここには2棟の校舎があり、そのうちの小さな学校は日本人からの寄贈により建てられたものでした。こんな所でも日本人が活動されていたんですね072.gif
わが事のようにうれしかったです001.gif


勝手に教室そーっと除いておりましたら、先生らしき人がほかの教室から出てきました。
「サワディーカップ。私は日本から来たもので、えっと、学校とか見て周ってるんですけど、見てもいいですか?」
そんなわけのわからない英語が通じたのかどうか、、、けどとにかくどうぞって♪
早速教室の中に居る子供たちと接触を開始! しかし! 彼らがまだ英語を話せるはずもなく(小学校低学年くらいでした)、僕がタイ語を話せるはずもなくコミュニケーションは無理!
しかーし☆ こんな時の為の最終兵器、カメラ072.gif072.gif

どこの国の子供も撮られるの大好きです。すぐそこに先生が居るので、怪しくないよねーって思いながらパシャリ。
e0137165_20104366.jpg


e0137165_2017465.jpg

しかし、カンボジアの子供に比べて少し生意気な感じが… 中指立ててるし…

時間はすでに下校の頃だったので、子供たちは間もなくして家路に着きました。そして先生に少しだけお話を聞く事が出来ました。

e0137165_20322473.jpg

まだ去年大学を卒業したばかりという23歳の先生は子供たちにコンピューターを教えているそうでした。子供たちのほとんどはメオ一族の子供だそうですが、今はタイ人の子と変わらない暮らしをしているそうです。少数民族とはいえ同じタイ人という事か。

偶然だったけど今日もいい出会いが会った☆ 子供たちの笑顔にも触れられた。
スマイルツアー、順調じゃん。

程なくしてあたりが暗くなった頃、展望の丘ドイステープにて、きれいなチェンマイの夜景を見る事が出来ました。

チェンマイ、いいところやなぁ

e0137165_20361893.jpg

[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-12 19:33 | 出会い
チェンマイ2日目です072.gif

今日の予定はもう調べはついてます。ふっふふ。 なんとこのチェンマイの近くには温泉があるのです003.gif

オーストラリアから通算しておよそ1年と10ヶ月くらい? まともに湯船にも使っていませんでしたが、今回は温泉です072.gif

行き方はレンタルバイクを借りてあとはGO!! 道も地図に記されているし簡単に行けそうです。

さっそくバイクを借りてと、1日で200バーツ!ちょっと高い気もするが仕方なし!

e0137165_19103141.jpg


気持ちいいです♪ 田舎の道、涼しく過ぎる風。 やっぱり来てよかった♪

と走っておりましたら、なんと象が! 象が草食ってます。。。 さすがタイ。

e0137165_19125454.jpg


もちろん野良象じゃありませんよ。 20バーツでえさもあげれるとのことで、チャレンジ072.gif

e0137165_19141339.jpg


さて、気分もよくなったところで一路温泉に! 思ったよりもずいぶん遠かったけどなんとか到着!

しかし、温泉どこだぁ! 日本での温泉を予想していたが、、、 ぜんぜん違うやん002.gif002.gif002.gif002.gif002.gif

タイの温泉は日本のように外にあるものではなく、建物の中に個室のように作られていてお風呂でつかる温泉でした。写真のような感じです↓

e0137165_1917454.jpg


でも、さすがは温泉です。 気持ちよかった

夕日をバックに再び街への帰路。 のんびりしてんなー

e0137165_1920250.jpg


e0137165_19202846.jpg


きれいな夕日でした072.gif

そんな感じでチェンマイの2日目は暮れていきました。 この後ナイトバザールという毎日開催されているマーケットに行ってこれまた楽しめました♪
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-11 19:04

チェンマイ一日目

朝6:00。 タイ北部の中心都市 チェンマイに到着しました。

いやー長かった! バンコクから12時間!さすがにおしりが痛くなりました。
まあともかく到着っと♪

e0137165_18193195.jpg


チェンマイはさすが北部にあるので気候も涼しく、バンコクほど人も多すぎず過ごしやすいところです。
さて、まずはゲストハウス探し。 バンコクで宿泊した先は安くてよかったが、その分狭くて窓もない部屋であまり快適ではなかったので、ここにいる間くらいはゆっくり過ごしたいね。

そんな感じで数件見て回った結果決めたのは、HOME PLACEという所。超良いわけじゃいないけど個室で風呂(ホットシャワー)、トイレ、テレビつきで250バーツなので、まあいいか♪

e0137165_18231712.jpg
e0137165_1824119.jpg



初日はゆっくりと過ごしたいものですが、宿泊先からすぐ近くの広場ではなにやらたくさんの人が出店の準備を始めています。

そう、チェンマイでは街の中心部である旧市街で、毎週土曜と日曜マーケットが開催されているのです。しかもかなり広範囲で行われていました♪
歩くとおいしそうなアイスクリームを売ってたので思わず買うと、同じく買っていたタイの学生の二人が 『It's nice♪』 と話しかけてきたので少し話をしました。 せっかくなので写真一緒にとってと。

e0137165_18323628.jpg


その後はマーケット散策でした、夕方からおよそ5時間位。 広い! 楽しい! 珍しいものもいっぱい! しかも安い! なんでもバンコクよりも安いしゆっくりと歩き回って堪能しました003.gif

e0137165_18405220.jpg
e0137165_1841517.jpg
e0137165_18421045.jpg
e0137165_18424984.jpg

e0137165_1843484.jpg


途中話しかけてきた外人はオーストラリアのブリスベンから来た人で、久しぶりに懐かしい話もできました。

下の写真はその人にお願いして撮ってもらいました♪
e0137165_1846495.jpg


下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-10 12:06

2/4 国境を越えて

この日俺は始めて陸路で国境を越えた。

正直、かなりドキドキしていた。なぜならば、国境付近ではいろいろな危険が待ち受けているから、とネットで見たりしたからだ。

やはり初めてのことは何でも不安を感じるものだ。

しかし、この日はそんな心配もほとんどなかった。シェムリアップで知り合った伊藤聡さんとボランティア仲間のマリちゃんと一緒に、バンコクまで行くからだ。しかも国境までは快適なチャーター車♪

朝10時、ご飯も食べて慣れ親しんだパームガーデンのみんなともお別れ。ありがとう。

シェムリアップに来るときは必ずまた来ます。

そして、数日間だけど遊んだ孤児院のみんなともお別れ。

時計をあげた男の子、元気に育て。 腕白は少し直せ。

そんな、名残惜しいシェムリアップの街をを後にした。

国境までの道はエアコン付きの車で快適ではあったが、その道は平坦ではなかった。

文字通り、、、でこぼこの道が続くわけだ008.gif

タイ・カンボジア間という国境の道でさえこの現状なのだ。でも、伊藤さんいわくこれでも以前に比べれば数段ましになったそうで、昔は車が倒れるんじゃないかというほどの巨大な穴が道路に開いていたりしたそうだ。

出発後4時間程度たち、ようやく国境の街へたどり着いた。

それまでとは街の雰囲気自体が違って感じられた。 とにかく荒んでいる感じだ。

プノンペンとも違う、街のあちこちにたまったごみの山。

住民にとっては普通なのだろうが、確かに旅行者にとっては少し警戒せざるを得ない場所だ。

しかし、国境超えは何事もなく終わった。

ついにタイ上陸

タイに入った瞬間からのその違いに驚かされた!

隣の国でここまで違うものか?! 高いビル群。

きれいな街並み。 車も多く走っている。

特にバンコク市内は日本の大都会に匹敵するほどの街並みです。

でっかい街だぁーー

バンコクに何度も来ている人は言う。 なんもないただの都会だと。

しかし俺にとっては初めての地

注目すべきところは必ずあるはず だ。

7週間を過ごしたカンボジアを少し思い出しながら、必ず帰ってくる、と心の中でつぶやいた。

そして、これからが本当の旅の始まりでもあった。

旅の途中で、たくさんのものと出会ってきます。

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-04 13:18 | カンボジア