長州で生まれ長州育ち、好きな人物は坂本龍馬!カンボジアから始めた旅と共に始めたブログ☆ 話題はカンボジアだけでなく様々ですが、どうぞ気軽に絡んでやってください♪


by lovely_smile094
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

<   2008年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

これは映画のタイトルです。

タイトルからも想像できるかもしれませんが、世界中の子供たちの現実を捉えた作品です。
あくまでも映画ですから映像は作られたものかもしれませんが、強く考えさせられたのは、全ての映像は事実を元にしたものであること。

世界の様々な場所で実際に生きている子供たちの話を元にした映画です。主題としては少々暗いものかもしれません。でも、これから世界を巻き込んで様々な問題に取り組んでいかなければならない私たちにとって、知る必要があるのではないかと思いました。

世界の現実。

そこには、日本も、アジアも、アフリカも、欧米か?も関係ありません。

わずか数ヶ月ですがアジアを旅していた頃、そしてオーストラリアにいた頃、この映像とかぶるような場面を目にしました。
実際に、その国の人に話しを聞いたこともあります。単なる映画ではなく、世界にある現実の一つなのだと思うと、悲しい気分にもなり、何かしなくちゃという思いにもさせられました。

だからこそ、今、単に日本にいて今までなんら変わりない生活を続けることに関して、いろいろと考えてしまいます。普通に暮らしてればやっぱりまだまだ平和な国ですもんね。日本は。

まああ、時間がある人もない人も、一度見てみんしゃい!!
日本で暮らしててね、大変や大変や思う気持ちも分かるけどね、僕らの普段の生活がドンだけましなもんか分かるとよ。 子供にも見せてやりたいね(いつかこどもができたらね ハハ)

http://kodomo.gyao.jp/

映画予告編映像

☆下記のブログランキングに登録中です。できたらクリックしてやってください。どれでんかまいもはん♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-06-16 15:31 | カンボジア
2007年12月。 僕はオーストラリアにいました。

およそ2年間の語学留学も終わりに近づいていた頃でした。 少しばかり英語にも自信がもてるようになり、当時通っていたビジネス専門学校も無事卒業。

あとは帰国に向かうばかりか…そんな風に感慨にふけっていた頃でもありました。

そんな時に、友人のブログからの情報をきっかけに見たのが下記の映像でした。

それは、
カンボジアで体験したことを元に作られたYou Tubeの映像でした。

そのときの僕は、日本にいた頃よりも数段に世界を見る目が養われていたと思います。

日本人としてだけでなく、地球に生きる一人としていろんな事を見ては感じていた時でした。

この映像を見て、大きな衝撃と言い表せないショックを受けました。

オーストラリアも日本と同じくらい平和な国です。

いつも平和な環境にいた僕にとって、未知の世界でもありました。

”自分の目で見てみたい”

それが僕が感じた素直な感想です。単なる興味だけではなく、自分の目で見ることによって自らの価値観を更に広げることができると感じたからです。そして、その事はきっとこれからの自分の将来にも大きく関わってくるだろうと予感したからです。

そして決めたのです。日本にこのまま帰国するよりも、世界にある現実を少しでも多く、この目で見てこようと!

それからカンボジアの情報収集活動を開始しました。 正直な話、その頃の僕はカンボジアがどこに位置するかさえ知らなかったのです。 恥かしい話です。

その後、カンボジアへの入国方法などを調べていくうちに一つのNGOに出会いました072.gif072.gif

それが、
カンボジアNGOです。

今まで考えたことのなかった機会との出会いでした。その学校は日本人によって作られ、日本人が代表となり、現地のNGOとして、現地のカンボジア人と日本人とが協力して運営している学校でした。 長年の国内問題やベトナム戦争などの影響により、大きく教育面で遅れをとっていたカンボジアに協力するために起こされた学校がこの組織の始まりでした。

そこで、ボランティアとして日本語教師としてカンボジアの生徒に日本語を教えることできる。
それが、このカンボジアNGOを知った僕に与えられたチャンスでした。オーストラリアで学んだ英語もここで活かせるかもしれない。

数日間迷った僕は、このカンボジアNGOでの日本教師としてのボランティアとしてカンボジアを訪問することに決めました!
これが僕とカンボジアとの出会いの始まりでした。

何も分からなかった国だった。 日本とは大きく異なる国で大きな不安もあった。 でも、このjカンボジアNGOに行ったおかげで、たくさんのカンボジアの生徒と出会えた。 生徒の多くは大学生や社会人だった。 皆まじめに勉強していた。 日本語の勉強がどれほど役に立つかも現状のカンボジアでは未知数だった。 それでも、彼・彼女らは真剣に、そして楽しく勉強に取り組み、僕のことを”センセイ”と呼んでくれていた。

僕もその声に応えるために自分にできる限りの愛情を込めて、知識をフルに生かして、生きる日本語を一緒に学んだ。 教えたのではなく、一緒に授業を楽しみ、学んだ。

最初は少なかったクラスも、少しづつ増えていった。 一度来てくれた生徒の再出席率はかなり高かった。 クラスの生徒皆の名前を覚え一人一人を見た。

今でも、今すぐにでもまたあの場に立ちたいと思うことがある。 それは、生徒が変わっていたとして、いつか叶えたい僕の夢の一つでもある。

こうしたことで、普段日本で暮らす中でも違ったものの見方ができるきっかけになったと思う。
もし、興味がいる人がいたら、本気で考えてもいいんじゃないかと思う。
決してあなたの人生に無駄なことなどありはしない。 一歩踏み出すこと、それがあなたのこれからを大きく変え、彩るきっかけになるかもしれない。

若い人には特に、大志を抱いて欲しい。 大きくなくてもいい。

そんなわけで、このカンボジアNGOを紹介させていただきます!!!!!!

気が向いたらぜひご一報を!

☆下記のブログランキングに登録中です。気が向いたらクリックしてやってください。
どれでんよかです060.gif
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-06-14 01:52 | カンボジア
カンボジアに行ってすぐの頃、結婚式に出席しました072.gif

同じアジアでも日本とは随分違う点がありました。

まず、普通結婚式に出席するって行ったら、新郎か新婦のどちらかは友達なり同僚なりですよね。

しかし、カンボジアでは全く知らない人でも気兼ねなく参加できます

ま、全く繋がりがないわけじゃなく、誘ってくれたのはカンボジアで日本語を教えてあげていた生徒なのですけれど。

それにしても、出席を決めたのはまさに当日でした。

その日、ナリー(20歳の女子学生)がいつものように僕たちが居る事務所へ遊びに来た。

しかし、いつもと違うのは… そのきらびやかな衣装だった!

e0137165_014790.jpg

(普段は全く化粧もしてない子です)

俺  『どうしたの今日は?』

ナリー 『はい、センセイ、友達の結婚です』

俺  『へー いいねー。』

ナリー 『はい、楽しいです。今日は2件あります』

俺  『そ、そうなの? 2件もあるんだ。 そりゃ大変だね』

ナリー 『はい、大変です。センセイも行きたいですか?』

俺  『え、いいの? でも知り合いでもないし、大丈夫かな』

ナリー 『はい、大丈夫です。じゃあ行きますか?』

俺  『んっとー えとー、、じゃあ行きます』

そんなわけで1日に2件の結婚式に出席しました072.gif

しかし、当然ながらアジアの旅にスーツやネクタイなどもっていない。 でも、そんな心配も無用だった。 最低限シャツは着なければならないらしいが、持ってなければ黒のパンツにシャツなら別に構わないらしい。これは男性の場合である。

女性の場合は、かなり着飾る!

普段全く化粧気のない女の子も、この日とばかりに派手になる。

e0137165_0124246.jpg


その日出席した一件目の結婚式は新郎・新婦共にカンボジア人だった。

全く知り合いではないが、ナリーに紹介されて、おめでとうを言って記念写真を撮らせてもらいました060.gif


さすが新郎・新婦は衣装も別格です。カンボジアぽい(?)よね~

そして、この日もちろん式への参加者はご祝儀を渡します。

なんと10ドル!

たった10ドルでホテルでの高級なカンボジア料理、そして飲み放題071.gif

マジうまかった! 食べて飲んで、これで10ドル!
e0137165_0204750.jpg

e0137165_0222033.jpg

カンボジアの人は気さくで、言葉は通じませんでしたがたくさんの人が一緒に乾杯をなげかけてくれました。

そして2件目は、なんと新郎は日本人072.gif かなり年齢差があろうかというカップルでしたが、とてもいい披露宴でした060.gif

そして、こちらもご祝儀は10ドル! しかし、1件目でたらふく食べて飲んでいます。しかし、美味しい料理をまたも頂いてしまいました♪

時間もあまりなくゆっくりとはできませんでしたが、同じテーブルになったカンボジアの人たちと乾杯はしましたよ003.gif

カンボジアの披露宴では、終盤にケーキカットをします。 この点日本とは同じ。

でもその後は皆で踊ります070.gif071.gif 激しい踊りではなくカンボジアの民謡ダンスです。
e0137165_0334240.jpg


どちらの式もみんないい感じに酔っ払って楽しさ満点でした060.gif

1日に2件もカンボジアの伝統的な式を経験できて、とてもラッキーでした^^

また機会があったら参加したいな~~~~

☆下記のブログランキングに登録中です。気が向いたらクリックしてやってください。
どれでんよかです060.gif
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ 
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-06-10 00:45 | カンボジア
『富士登山』
してみませんか?

本気です!

突然ですが富士山に登ろうと思っています! もちろん初めてです!

ずーーーーっと以前から考えていた、わけでは実はありません^^;

でも、オーストラリアに行き、アジアを旅し、いろんな物を見、いろんな事を知り、経験をし、たくさんの人に出会い、外人の友達も作り、そうしたたくさんの過程を過ごしてきて、日本に戻って…

以前と同じように単に会社勤めるのもなんかなー とか贅沢なことを思ってまして。 なもんで、今は正直進路を考え中。

こう言うと高校生みたいと何人かに言われました。 あ、あと最近何人かに山本高広に似てると言われました。 あそこまで太ってはないんですが… 今度言われたら 『キターーーーーッ』って咄嗟に言えるように練習しときます。 やっぱふられたらのんなきゃね!

本題に戻します。

今はフリーターみたいなもので比較的時間をコントロールしやすい状況です! それならば! 今までやりたかったけどできなかったことをたくさんやりたい! 日本で3週間くらい旅したのもその為です。

なので、その一つ、富士登山!

7月1日から山開きで8月下旬まで。

もし、誰か富士山登ってみたいって人いたら、一緒に登りませんか? マジです。 日程の都合は合わせられると思います。

7月か8月、一緒に富士山登ってやろう!^^ って人がいたらご一報ください。
言っときますが、
 『富士山に言ったことは?』
俺『全然』
 『登山の経験は?』
俺『全く』

☆下記のブログランキングに登録中です。できたらクリックしてやってください。どれでんかまいもはん♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-06-04 00:35
【http://www.glwwp.com/main/chopsticks.html】

今回の内容は割り箸についてを主体にしていますが、決してそれに限ったことではありませんので、広い目で見て頂ければ幸いです。

今では日本でも毎日のように環境問題について目や耳にすることかと思います。

アジアでの旅の途中で、その環境問題が世界の子供たちの未来にも深く、大きく関わっていると気づきました。

単純な考えかもしれませんが、環境問題に理解ある方ならばいただけると思い書き込んでいます。

☆私はカンボジアからスタートしアジアの数カ国を旅しました。

ご存知の方も多数いらっしゃると思いますが、カンボジアは今もなおたくさんの問題を抱えた国です。

ここに来てから身近にあるいろんな現状を見てきました。

その中の一つには貧富の差から起こっている、暮らしの差でした。

『ゴミ山』と日本人が名付けたその場所から程近いところに、そこでゴミを拾い、それを売って生活の糧にしている人がいます。

その人たちが暮らしている家は、簡単な、木材とトタンやプラスチック板を合わせて作られています。

台風でも来ればひとたまりもないような家です。

その環境は,日本ならホームレスでさえおそらく汚いと思うでしょう。

e0137165_064748.jpg


e0137165_0444123.jpg


ある日、所用があり、その集落へ出かけました。

そこにはたくさんの子供たちも住んでいました。

みんな元気です。少し遊んであげると次々に、自分も自分もと来るので、ちょっと大変でした(実は高いたかいをしてあげてました) 

でもみんな、、とても軽かったです。

e0137165_043753.jpg


ある女の子に年を聞くと9歳と。でも、見た目は4歳か5歳位にしか見えませんでした。

帰るときはみんな手をふって見送ってくれました。

とっても人懐こくってキラキラした笑顔をしていました。

その翌日、カンボジアではこの時期では異常と言えるほどの大雨だ降りました。

すごく大きな雨粒でそれが2時間ほども続きました。

深夜でしたが、その子供たちとその家のことを思い出しました。

つぶれる程ではないにしても、家は水浸しになったかもしれません。もともと衛生的とはいえない環境がさらに悪化しただろうことを想像させられました。

異常気象の影響の一つだといえると思います。

近年、皆さんもご存知おとおり、異常気象により数多くの災害が世界中で発生しています。

しかし、日本や欧米諸国などの、先進国といわれる国々はこの災害を防ぐすべを持っています。

先進国が作り続けてきた地球温暖化問題の被害を最も被るのは、発展途上にある国々。

特に経済的に通常の生活すら困難な状況にある人々。

その中でも貧しい環境にあるこうした子供たちなのです。

私たちがすぐにでも取り組まなければいけない環境問題は、こうした子供たちの未来を守ることにも繋がっています。

事実を真摯に受け止め行動にうつさなくてはならないと思います。

そして、誰にでも、今からすぐにでも移せる温暖化防止の一つがこれです。

割り箸問題。

いまだに、近代化を果たした国々の中で、無駄に使い捨ての割り箸を使っているのは日本だけです。

割り箸を使わない、それだけで環境問題に寄与できます。

TOPにも貼り付けてありますが、参考に下記のサイトをご覧ください。

【http://www.glwwp.com/main/chopsticks.html】

割り箸を使わなかったらいいという問題ではありません。

問題はこうしたことを一人一人が意識し、何らかの行動に移すということです。

その手始めに、割り箸を使わない。 買い物袋を持ち歩く。 アイドリングを減らす。

今すぐにでもできることはたくさんあります

私たちは地球市民の一員です。

平和ボケした日本におぼれてしまうことなく、こうした問題を常に考え、まずはできることをやっていこうと思います。

☆下記のブログランキングに登録中です。できたらクリックしてやってください。どれでんかまいもはん♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-06-02 00:45 | ☆地球市民の一員として☆