長州で生まれ長州育ち、好きな人物は坂本龍馬!カンボジアから始めた旅と共に始めたブログ☆ 話題はカンボジアだけでなく様々ですが、どうぞ気軽に絡んでやってください♪


by lovely_smile094
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

こうした内容や映像を見た方は大勢いらっしゃると思います。

このブログの内容とは直接関係ないかもしれません。

でも、アジアを旅していたとき、オーストラリアで少なからず外国の地で、たくさんの外国人と共に過ごしていたとき、この事を考えました。

日々、たくさんの悩みもあります。

問題にぶつかり、やけになったりもします。

お金、仕事、恋、家族、友達、家庭、普段暮らす中で、いつも何かの問題にぶつかります。

でも、今、日本人として生まれ、インターネットを通してこの映像を見ることができる私は、

世界に数多く住む、生きることの問題にぶつかっている人々より恵まれている。

その幸せを改めて見つめなおすことが、日本人にとても必要なのではないかと思います。

だから、時々、忘れかけた頃、この映像を改めて見ます。

たくさんの事件が日々起こっている現在の日本。

その事件を起こす人たち、そしてその事件に関わった人たちは、逃れようのない問題に直面しているのだろうと思います。

だから、自分の生きている場所を見つめ返す必要があると思います。

私たちは、世界の何十億の人々よりも恵まれた暮らしをおくっていることを。

『もしも世界が100人の村だったら』

あなたはどう思いますか?

☆下記のブログランキングに登録中です。気が向いたらクリックしてやってください。
どれでんよかです。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-05-31 01:58 | ☆地球市民の一員として☆

4Rという考え方 ~ 

昨日、映画『不都合な真実』を見ました。

この映画のことはオーストラリアにいる頃に知って、絶対に見ようと思っていた。

でも、忘れてました。 先日ふとTUTAYAでこの映画を見つけ、思い出しました。

見なきゃって!

あなたはこの映画、見ましたか?

とてもまじめな映画です。

映画というよりも、人類に警鐘を鳴らすかのような内容です。

お題はご存知の通り 『地球温暖化』

この映画を見ることで改めて考えさせられることや思うことがたくさんありました。

何かやらなきゃって思いました。でも、今すぐに個人にできることはなんなのか?

個人にできることは小さな力。 だけど、その力が集まってこそ大きな流れとなる。

大きな流れも全て一人一人の力が合わさってできていく。

だから、個人のすることが大事なんだと思う。

我ながらよく分からない難しいことかいていますが…

以前、環境問題に関する研究者が書いた本で読んだ事で、なるほどーって、強く思ったことがありました。

それは 4Rという考え方。

世の中リサイクル、リサイクルと頻繁に聞かれるようになりましたが、実はそれは最後の手段に近いことをこの時初めて知りました。

Recycle(リサイクル)
皆さんご存知の通り資源を再利用するということ。 でもこれは決して良い方法とばかりは言えません。最後の手段に近いんです。
例えば、リサイクルの代表的なものとして”ペットボトル!” これに関してずっと以前から日本でも行われてますよね。 でも実はこのペットボトルのをリサイクルするには、新しい資源の力が必要になります。 以前ペットボトルから新しいペットボトルを作ったり、服を作ったりという用途が度々テレビでも放映されていました。
でも実は、そのリサイクルコストは、新しい資源、つまり石油を使って作るよりも高くなってしまうのです。なぜなら、リサイクルするために、一度ペットボトルを粉砕し、資源へと戻さなくてはならないからです。 確かに資源は大事にしなきゃいけないけど、その為にまた新しい資源を使い、コストもかかってしまう。それじゃあまり意味がない。 

そこで、次のアールは、
Reuse(リユース)
ペットボトルの場合と近いようなイメージですが、大きく違うのは、ペットボトルの場合、一度資源に戻してから使うのに対して、Reuseの場合は一度使われたものをそのままの形で再度使うというもの。 例として、昔ながらの瓶の牛乳。 ある程度の年齢の方なら懐かしいでしょ?^^
風呂上りに一本飲む。今でも昔ながらの銭湯に行けば見ることができます。コーラなんかも昔は瓶で売られていました。 そしてその瓶をお店に持っていったら、代わりにお金もらえてたよね~。そしてその瓶は洗浄されまた同じ用途で使われます。全く無駄がありません。 日本には昔からこいうした立派なリユースシステムが出来上がってたんです。 何しろそのまま使うから新たな資源は一切必要ない! 一度資源に戻すペットボトルより、コスト的にも安く効率いいのは明白です。 リユースの意味はそれだけじゃないです。
服でも子供のおもちゃでも、要らなくなったからといってすぐに捨てずに、友達や親戚にあげれば喜ばれるし資源の無駄が減ります。 電化製品にしても、古くなったから、調子が悪いから、と新しいものをすぐに買うのではなく、使えるものは修理して使う。 製造メーカーはもちろん新しい商品を買って欲しいだろうけど、パソコンなんか見て分かるとおりきりがない!新しいものがどんどんでてきます。 確かに性能もレベルアップします。 でも、だからといって使えるものを簡単に取り替えることは、地球に優しい行動でしょうか? 調子悪くても修理して使えます。 日本製は品質優秀なんだから!

そして次のアールはもっと素晴らしい!
Reduce!(リデュース)
文字通り減らすって事! ゴミを減らすのが資源を大事にするにも環境を大事にするにもすっごい良い考えでしょ? お金も無駄にならない! 何か買うときは長く使えそうなものを買う。 ゴミになりそうなものは持ち帰らない。 普段の生活を思い返すだけでたくさんの無駄があり、その都度資源を無駄にしゴミを出しています。 ファーストフードなんか想像してみて下さい。 わずかコーヒーいっぱいを買ったときに出しているゴミの量を。 買い物をした時を思い返してみてください。 日本の文化かもしれませんが、丁寧すぎる過剰包装の後、どれほどのゴミが発生しているか。 たった一冊の本やCDを買ったら、きれいに丁寧に包んでくれます。でも、その数後にはその包装はゴミに早や変わりです。

そして最後の一つが
Refuse(リフューズ)
断るって事!不要な包装は断る! 代表的なものとして、コンビニで買い物を何かするたびにビニール袋に入れられます。 でも、家に帰った瞬間ほとんどのこの袋がゴミに変わります。 マックなどのファーストフード店でもどれだけの資源の無駄が出ているか知ってますか? 数分後には、早ければ数十秒後にゴミになるトレイに置かれる宣伝用の紙はどう思いますか? コーヒーいっぱいだったら短時間でゴミに変わります! 飲食店へ行くたびに出しているゴミ、割り箸。 先進国で日本だけです。 大量の割り箸を消費する国。 
不必要なものは断る! 日本はきれいに丁寧に、の文化が進みすぎているから、必要ないと思っても必ず過剰包装されます。

4R、分かって頂けましたでしょうか? すぐにでもできることです!

僕自身もいつも気にかけて実行しています。

その意識の先にあるのは、地球環境の保全に繋がることです。

明日コンビニで買い物したとき、勇気を出して断ってみませんか? 

最初は僕も忘れてビニール袋をもらっていました。 割り箸も使っていました。

断ることに少し躊躇しました。

でも今はよほどの大きな物でない限り断っています!

旅の途中で癖づいた、いつもバックを持っていることがこんなところで役に立っています。 

皆さんもできる事を始めてみませんか!!!!!

こんなことがいい!そんな話しがあったらぜひ教えてください!!

☆下記のブログランキングに登録中です。できたらクリックしてやってください。どれでんかまいもはん♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-05-30 01:41 | ☆地球市民の一員として☆
アプサラの天女の話はご存知ですか?

カンボジアに少しでも詳しい方ならご存知だと思いますが、アプサラの天女は、カンボジアに古くから伝わる『乳海攪拌(にゅうかいかくはん)』という神話から登場します。

『乳海攪拌』

まあ、そう聞いてもイメージ着かないですよね036.gif

僕もでした。簡単にこの話を言うと、なんか大昔に良い神と悪い神とが 大切なものを得るために乳海(ミルクの海みたいな感じ?)をかき回していたそうです。 そのやり方というのが綱引きでした。 綱として使われたのは大蛇の’ナーガ’。 ナーガをでっかい棒に巻きつけて、善神と悪神側がチームに分かれて引き合います。
時には阿修羅の軍勢や、猿軍団なんかも加勢したそうです。
そんな彼らが欲していたのは 不老不死の薬 でした。
神であるこの人たちもやはり欲はあったということでしょう。
その何千年と続く綱引きの中でいろいろなものが生まれました。
創造神ヴィシュヌの妻となるラクシュミー、絶世の美女であったそうで、その二人はカンボジアの神話の中では アダムとイヴ的な存在なようです。 だから創神。
ミルクの泡から生まれた中に、美しい精霊たちもいました。
それが、アプサラの天女たちでした。 神話には続きがあるのですけど、それはまたいずれ。

カンボジアにはアンコール・ワットという超有名な世界遺産があります。

旅の途中でアンコール・ワットにも当然訪れました。

日程の関係でわずか一日しかまわることはできませんでした。

朝早く5時くらいから始め、7時くらいまでへとへとになるくらい見てまわりました。

そして、最後の最後に訪れた遺跡で、僕は出会いました。

アプサラの天女。

遺跡にはいたるところに天女の壁画が刻銘に彫られています。

e0137165_4454057.jpg


e0137165_4462073.jpg


他にも美しかったり、妖艶な壁画はたくさんありました。

でも、まるで生きているかのような、暖かな微笑をたたえているこの壁画は深く心に残りました。

ここにある壁画の一つ一つは、作られた当時にそこで働いていたり住んでいた人がモデルにされたといいます。 

だとすればこれを彫った作者はモデルとなった女性をとても愛していたんだと思う。

そして、その女性はいつも暖かな微笑を絶やさない強さを持った人だったのかな。

この壁画を見つけたとき、僕はしばらくそこに佇んでいました。

ゆっくりと彼女の微笑を眺めていました。

そして、いつか必ず、この壁画の笑顔にまた会いに来ようと思いました。

なんだか、とても落ち着いてあったかい気持ちになれました。

☆この壁画がどこにあるか? 実はけっこう見つけにくい場所にあります。 僕が見つけたのも偶然です。 どうーーーーしても知りたい人がいたら連絡してください^^ こっそり教えます。

☆下記のブログランキングに登録中です。できたらクリックしてやってください。どれでんかまいもはん♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-05-25 02:25 | カンボジア
カンボジアから始めた旅と一緒に作ったブログなので、たまにはカンボジアの話題でも072.gif

カンボジアにいるときに仲良くなった男の子にバンちゃんという子がいます。

日本語を勉強し始めて、もう4年以上かな?

だから結構日本語が上手いです。話すときなんかは特にナチュラルです。

俺の英語よりも彼の日本語の方がぜんぜん上手かった058.gif

そんな彼が日本語で作文を書くという課題をおったそうで、その練習もかねてGWの出来事を書いてくれました。

以下はその文です。 かなり長く書いてます。 もちろんたくさん間違えもあるけれど、すごい!

俺も負けずに小説書かなきゃ、とか思いました003.gif

遠く離れてもこうしてメールしてくれて、メールを見るたびにカンボジアの熱くて乾いた空気を思い出します。雑踏とした感じだったけど、どこか懐かしさも感じていた国でした。

また必ず行くぞ! 今度は一人じゃなくて誰かと一緒に行きたいね060.gif

これ旅行の話です。
やっぱり今私の日本語力が低下してしまってきたので、ある文章が分かりづらいかもしらいけど、気にせずに楽しく読んでね♪♪
まず旅行に行った人は4人いて、さのさん、ピロム、私、ヘインちゃん。
行く予定の州は kratei 州、モンドリキ州、ラタナキリ州。

10日の日は私、ピロムさんと2人でバスのチケットを予約しに行ったが、お正月前だから、どのバスがどこに行っても、ほとんど満席になってちゃって、私とピロムさんはバスの会社へ3ヵ所くらい行ってやっとチケットが予約できるのが結構苦労だし、値段もちょっと高かったし、しかもね!チケットを買ってるときに私のヘルメットが盗まれたよ。へっへへ!! またヘルメットを買うのは おーはい めんどくさい! 笑
バスチケット代は一人35000リエル。 ドルしたら 9,25$だね。

11日の朝、7時に皆学校を出て、バス停に行った。
バスの時間は8時半に出発するけど、1時間半前早めに出たのは、私はさのさんとヘインちゃんをバス停に連れてって、家へバイクを置きに帰って、またバス停に行った。ピロムさんは家から一人でバス停へ歩いて行った。
で、バスの時間は8時半だけど、カンボジアは時間がまだまだ適当なので、結局9時くらい出れたし、それに予約した席は他人に座られたよ。 はははははは さすが カンボジアだなぁ♪♪ 笑
まぁ!その時は別の席、まだ空いてるし、私たちもちゃんとチケットを買ったし、誰の席かもう気にしなく、勝手に座っちゃいましたけどね、、、、、!
おーはいー♪ バスがもう出るよーlets`go, Lets`goーーーーー☆ (バスの中) なんちゃらなんちゃらなんちゃら、、、ばらばらばらばら、、点点点々、、、笑、、、、私はピロムさんと一緒に座って、色々ずっと喋ってたけど、あっとお二人様の席は僕らの席から、ちょっと遠く何をしてたか分からなかったー! へへへへ

で、バスは行く途中で休憩の所があるんでしょ。(バスの休憩の所)ちゃんとした言葉を勉強したけど、全然使ってないと忘れたから、今復習してくれない?
そこで、私たちご飯を食べないで、お菓子ばかしと虫、蜘、ばったの仲間を買って食べてた。はーーーーーーー虫が美味しかったんだw――完璧、大成功――ははははははあっはははははあ――♪ 
で、夕方2時か3時かな!覚えてないけど、Snourl という村に着いた。
Snourl村はkratei州の部分なんだけど、kratei都市から、70kmくらい離れた所だよ。
あそこではモンドキリに行く方向とkratei都市に行く方向に中心として別れた場所なんだよ。
あそこに私のまじ親戚が多いので、さのさんにバンちゃんの親戚だらけって言われたよ。本当は多いんだね! 笑
私の親戚が多いけど、皆の家は売店をやったり、喫茶店になったり、何もやってない家は埃ぽくて、泊まることができなそうだなぁと思って、結局ゲストハウスに泊まることにした。
ゲストハウスはツイン部屋、2つ頼んで、一部屋は5$。
私たちは部屋に荷物を入れ、シャワー浴び、しばらく休んで元気になり、皆と一緒に、食べ歩きし、ゴムの畑で遊んだり、写真を撮ったり、ふらふらふらふらふらふらふらふらふらふらしたり、部屋に戻ってきた。
夜7時くらいかな!皆鍋を食べに行ったよ。
その日は朝と昼の飯が食べなかったから、鍋をいっぱい食べてきちゃったよ。
食べた後、またゲストハウスに戻ってきて、皆と屋根でお喋りし、のんびりしてきた。 はーーいいなその時は♪♪♪
夜ちょっと遅くなって、冷たい風が吹いてきて、ちょっと我慢できないくらい私たちは自分の部屋に戻ってきて、私はシャワー浴びてから、すぐにわんわん寝ちゃった。笑

12日は朝7時くらい起き、一緒にバイサッチ チロック (豚ご飯)食べ、そしてモンドキリに行くバスのチケットを買いに行ったけど、モンドキリに行く道が悪くて、いけるバスがもうないらしい。
あるけどタクシーとピカップしかないよ。
私たちはピカップにした。
ピカップで行くのに一人ずつは30000リエル払ったんだよ。
お正月だからかなぁ??????
で、ピカップとタクシはバスと違って、バスは出る時間に決まってるけど、タクシは車のかなに人がいっぱいにならないと出て行かない。
で、運転手は毎日たいだい11時くらい出れるってゆってたから、私たちは時間がまだまだあって、あそこの市場でふらふらして、皆の生活することなどを見てた。
11時半くらいはSnourl村を出て、モンドキリ州に行った。
モンドキリに行く道は赤道路で山に登ったり、下りたり、75kmくらい凸凹の道路がったし、それはちょっと大変だけど、私は一番大変悲しいことを見たのは道の横にある森は切られたのを見て、泣いちゃうくらい感じてしまったよ。 本当に泣いちゃうわ   わんわんわん
で、4時くらいモンドキリ都市に着いて、ピロムさんのお母さんはプロホック(魚臭いやつ)を作って親戚にお土産したので、ピロムさんはそこにいる親戚に電話して迎えにくれて、ちょっとピロムさんの親戚の家で休憩して、プロホックを渡した後 、ゲストハウスへ行った。ピロムさんの親戚は女の子子供が4人いて、3人は3た子 はっはははあははは  普通は双子でしょ!でも3たごだね。
3たご新しい言葉だよ。  笑
ゲストハウスに着いて、部屋に荷物を入れてから、一緒にモンドキリ都市の公園で遊んで、夕日を見ながら、日本の海苔を食べてた。
なんか海苔はボランテイアから私とピロム産にお土産で送ってくれた。
で、地方に行くので、向こうの料理はさのさんが口にあわない可能性があるから、海苔を持って行ったの。
最初そこは田舎だなと、、、、、以外にだったよ。
そこでは何でもプノンペンより高いよ。
ゲストハウスはツイン部屋は一泊20$、シンガーロームは10$。
Snourl で ツイン部屋は5$なのに、、、、、高いでしょ?
最初はシンガーローム一部屋だけ、借りたいけど、一部屋は4人で泊まろうかなと思って、ゲストハウスの人はだめだって。
何でって聞いたけど、ルールだからって。 へーーーーーーーーーーーー 笑
しょうがなく、部屋は2つにした。
モンドキリは夕方、ただ夕日がなくなって寒くなるよ。
その都市は電気が足りなく、どのゲストハウスでもクーラーが付いてない。
でも夜結構寒いから、私の部屋だけどね!寝てまま窓を開けると寒くてクーラー付いてるみたいよ。 僕ら賢いでしょ????ははははあははははははh
e0137165_23591168.jpg

13日には朝6時くらい皆起き、また公園へ行って、散歩したり、明るい運動したりした。
そして、また部屋に戻ってシャワー浴び、一緒に朝ごはん食べてから、そこの一番有名な滝へ遊びに行った。
その滝の名前はボースラという、都市から40kmくらい離れてること所。
私たちはバイク2台借りた。 1台借りるのに、15$かかる。
15$かかるのに、ガソリン代は自分で入れるし。
そこでガソリンは1L は5000リエル。 1台のバイクは3L入れないといけない。
そうしないと、滝へ行き帰ることができないって。 はい はい 入れます。
その滝に行くのはちょっと大変だったよ。
道はもちろん、あっと地図も持ってないし、そこには交差点の所にもどっかに曲がるのが書いてないし、ま!私たちはカンボジア人だから、言葉が困らなく、聞けるけど、外人はどうだろう!!!!!
そこは結構観光者がいっぱい行くから、観光者に対して、もっと楽なことをしてあげたほうがいいんじゃないなと、、、、、、でしょ?
あっとは滝に行く道にはげ山多く、見るとまた泣いちゃうよ。 わんわんわんわんわんわんわんんんん
皆は木を切って、畑にすればいいけど、全然何もしないから、本当にもったいないよ。本当にばかだなぁ!!!!!!
はい、次ね! 9時くらいは滝に着いてきて、滝は本当に高くて広いよ。
で、乾季なのに、水が結構落ちてくるよ。
私は暑い日の下でずっと運転したし、体、服赤土で汚れて、ただ着いてから、バイクが駐輪所に入れて、すぐ大きいシャワーを浴びに行ってた。
水が冷たくて、冷たくて、いいわ、いいわ はははははははははあはh!
私は2時間くらい浴びてた。
昼間になって、皆と一緒に買ってきたお弁当を食べて、ちょっと休憩して、ピロムさんは先に木陰で昼ねしちゃって、これから私も岩陰で昼寝しちゃった。
私とピロムさんは男だからどこでも寝れるけど、お二人様は僕らと同じように寝たら、格好悪いらしくて、荷物を見てくれた。やっぱり男は楽だね ♪♪ 笑
2時かな!起きて、滝で売ってあるお土産を買って、安全運転で都市までやってきた。
都市に来たのはまだ3時半だし、別の滝に行きたかったけど、地図がなくて、行かなかった。
でもあっちこっちに行って、よかったよ。
5時くらいは皆は鍋を食べに行った。
その都市には鍋屋が2ヵ所しかないらしいよ。
1ヵ所はお正月だから、やらなかった。(一番美味しい所)っていわれてる。
あっと1ヵ所は見に行って、まだちゃんとやってるのを見てから、すぐに入ってしまった。
今回も皆でいっぱい食べてましたよ。
だって大きいシャワーでいっぱい遊んでたし、ずっとバイクを運転してたし、、、、、これもやったし、、、、、、あれもやったし、、、、、し、、し、、し、、、、、疲れちゃったし、、、、、、、にょ♪。ずっと遊んでたけどね 笑
そこの鍋は本当に安くて美味しかったなぁ☆
食べた後、私たちがどこにも寄らないでそのままでゲストハウスに行った。
ゲストハウスで皆シャワー浴びた後、庭で集まって、流れ星を見つけながら、喋ってた。 でも流れ星は全然出てこなかったよ。ピロムさんの田舎ではよく見えたなぁ♪ よく見えたけど、パッと出てパッとなくなってしまうので、なんか全然願いできないな!!!!!! 笑
e0137165_23573454.jpg

14日にはプノンペンに戻ることにした。なんかラタナキリ州に続けて行きたいけど、お金足りなそうで、プノンペンに戻るの方が一番いいんだと全員に思われて、帰るのを決めた。
モンドキリ州に来たときはKratei州に寄ってきたけど、帰るときにはタクシで直接にプノンペンに帰った。
値段では全然変わらなかった。
一人は75000リエルだったよ。 約19$ちょっとね。
朝出た時間は確か、7時半気がする! プノンペンに着いたのは3時過ぎーーーーーかな!
これからお二人様は先にバイタクで学校に帰って、私とピロムさんはちょっとコンビニエンスストアでコーラー飲んで、バイタクで帰ろうと思って、ピロムさんはNGO校の元の生徒を見つけて、その人に頼んで、ピロムさんの家まで連れて来てもらった。
そしてピロムさんとピロムのバイクで学校に来て、ピロムさんは学校で、私は自分の会社でシャワー浴びて、これから田舎に行くってさのさんとヘインちゃんにゆったけど、さのさんは16日は別NGOの人とどっかに行く予定が入ってたから、僕らと一緒に行けないって、ヘインちゃんは明日から家の仕事が始まるみたいから、行けないし、、、それでまた二人でピロムさんの田舎へ移動した。
1時間半くらいかかって、やっと田舎に着いてきた。
今日はずっと乗ってただけで、疲れたので、ご飯を食べた後、寝てしまった。

次に日、15日ですう♪ ピロムさんと何もしないで、一日中くっちゃねくっちゃねくっちゃねくっちゃねくっちゃねくっちゃね くっちゃねくっちゃねくっちゃね くっちゃねくっちゃねくっちゃね くっちゃねくっちゃねくっちゃねくっちゃねくっちゃねくっちゃね くっちゃねくっちゃねくっちゃね してきた。ははっははははははははははははははあは
でもね、夕方には一人で登山して、夕日を見てたよ。
一人だから、ちょっと寂しい感じてしまうけど、なんか落ち着いてきて、幸せだなぁ♪♪
あのね、お正月はピロムさんの田舎ではけっこう煩かったよ。
どの辺でも音楽が出てきたの。
朝昼夜、ずっと音楽が聞こえてたのよ。
まぁ!お正月だから、皆楽しく踊るのは本当いいと思うんだけど、踊りすぎて、ちょっとありえないな、、、笑
まぁ!僕らも一日中ずっとくっちゃねくっちゃねしてたけどね♪ 笑

はい、翌日になってきました。
16日には、夕方にプノンペンに帰る予定があるけど、昼になってカターさんに電話がかかって、「今から一緒にコンポット州へ遊びに行かない」って誘われて、私とピロムさんはまた皆とコンポットに移動しちゃった。
コンポットに行った人はカターサン、カイさん、あっとは運転手の家族です。              
ところで、運転手はなおこさんが知ってる人だよ。
前なおこさんがカンボジアにいてた時は、2,3回くらい、その人と遊びに行ったことがあるよ。
確か、なおこさんは初めて、運転手と遊びに行った時は、なおこさんの友達が来たし、そのときは一緒に海へ遊びに行った。
赤いピカップの車で行ったのを覚えてる????
で、海にいる予定は一泊2日だけど、海で釣りして、魚と蟹が取れなく、夜プノンペンに戻っちゃった。
2回目はキリロムという滝がある場所に行った。
3回目は、ウドン山に行ったんでしょ。 覚えてる???

で、僕らはコンポットに行くのは、運転手の家に行ったよ。
ピロムさんの田舎を出て、コンポット州に行くのは、昼だから、結構暑かった。
でもまだお正月中なんで、場所によって、水をかけたり、コンポットは山森が多い地域だから、ある所雨が降ってくるし、で、僕らの体がちょっとぬれてる感じで、涼しかったーーーー♪☆  笑
コンポットに着くのは、4時くらいだった。
でもコンポットの都市じゃなくて、運転手の家だよ。
その人は家に着いてから、すぐマンゴの木に登って、マンゴの実を取ってた。
そして、一緒に田に棲んでる蟹を取りに行った。けっこう取れたよ。蛙一匹掴んだし、、、、、
蛙はカターさんが焼いて、食べた。
蟹ちゃん達は粉胡椒と混ざって、ちゃはんと同じように焼いた。
蟹の料理は結構やーるーよ♪ 笑
夜寝る前、カターさん達とお喋りしたし、そこは寝るとき蚊帳をつけてないから、蚊がないかもなと思って、意外蚊があった、幸い私は虫除けをちゃんと持ってきたので、蚊帳がないくても、平気だもん。 はっはははは
でもね、寝る前に、虫除けで手足にちゃんとスプレーしたの、ただ足の裏にはスプレーしなかったから、その辺で蚊に刺されて、痒く,掻いて、掻いて起きてしまった。
また2度寝したけどね! 笑

17日の朝になって、皆に蚊に刺されたか聞いて、皆は私と同じ所に刺されたって、答えた。 やっぱり!!!!!
これから、井戸で水を浴びて、近くに、おかゆを食べた。
9時くらい、車でコンポット都市に行って、市場でSea Foodを買ったり、海で釣りしたり、コンポット市内したりして、また家に戻ってきた。
皆昼ごはんを食べてから、マンゴの木の下にござを敷いて、昼寝した。
寝てるときはニャム、ニャム、ニャム 美味しい、美味しい!!!!  はははあはは     おーはいー 意味分からない!笑
で、プノンペンに戻る前に、マンゴをいっぱい取って、家族のお土産をするために一人に5,6個ずつ別けてくれた。
で、また車に乗ってプノンペンに戻ってきて、途中で私とピロムさんが降ろして、二人で、田舎からバイクでプノンペンに行った。
それで 一週間の旅行はそれだけです。 おーはい 終わり♪♪
結構長いね 笑


☆下記のブログランキングに登録中です。できたらクリックしてやってください。どれでんかまいもはん♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-05-20 23:59 | カンボジア