「ほっ」と。キャンペーン

長州で生まれ長州育ち、好きな人物は坂本龍馬!カンボジアから始めた旅と共に始めたブログ☆ 話題はカンボジアだけでなく様々ですが、どうぞ気軽に絡んでやってください♪


by lovely_smile094
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

<   2008年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

4/4 広島原爆ドーム

最近インターネットをする機会があまりなく、、更新いつものことですが遅れてますが、ま、少しずつ。。。

時間あったら読んでやってくださいemoticon-0171-star.gifemoticon-0171-star.gif
思いで日記です。

さて、この日僕は広島の原爆ドームへとやってきました。記憶が確かならば始めてここに来たのは小学生のときのはず。しかし、記憶がうつろであまり印象は残っていない。

というわけで、今回がほとんど初めてのようなものでした。

広島駅から路面電車に乗り継ぎ15分くらいかな、『原爆ドーム前駅』に着きました。

数年前に改装されたらしく、この辺りはとてもきれいに整備されていました。そして、すぐに目に入ってきたのは、
『原爆ドーム』
e0137165_18595446.jpg

e0137165_1902813.jpg

e0137165_1903997.jpg

季節は春、周りにはたくさんの桜が咲いていました。でも、目の前にある原爆ドームを眺めていると、一瞬時間が止まったように感じました。 もちろん僕は戦争を実際にこの目で見たことはない。だけど、テレビや映画、写真などで何度もそうした映像を見たことがあり、頭の中でその当時のことが浮かんできました。乾いた、温度のない風がさらけだされた心を横切ったような感覚を覚えました。

すみません、何言ってんだかわからないですね…

ゆっくりと平和記念公園を歩いたあと、原爆記念資料館へと入りました。
そこでは数多くの展示品や映像を見ることができます。終戦から63年たった今でも多くのことを語り続けています。何かを感じずにはいられないと思います。

この原爆記念資料館をもっと知りたい方は ココ ご覧ください。
下記はそのサイトでも見られる資料の一部です。

1945年8月6日 8:15

e0137165_1911580.jpg


太平洋戦争末期、 日本全土は連日アメリカ軍の爆撃を受けていましたが、 広島市はまだ空襲を受けていない最大級の都市として残っていました。広島市は、中国地方の行政、経済の拠点であり、陸軍の主要基地でもあったため、当時30万人を超える在住者がいたと考えられています。

それだけの重要拠点だった広島が、なぜほとんど空襲を受けてなかったのか?

それはアメリカ軍の計画通りの事でした。 世界で最初の原爆投下にあたりアメリカ軍はその効果を今後のために記録しておきたい思惑がありました。その為に、人口で数十万規模の街であり、空襲などの被害を受けていない都市が必要だったから、そういったことが資料の中で伝えられていました。

e0137165_1914212.jpg


資料館の中では展示物の他に、過去にテレビでも放映されたドキュメンタリー映像が見れるミニシアターなどもあります。実際に原爆投下時にここにいた方のその後の人生などが映し出されていたりもします。
親や兄弟、そして我が子をこの原爆によってなくした人、先生や親類、友達をなくした人の、幾月日が経っても変わらない悲しみの声が伝わってきます。それらは、心に響かずにはいられないものでした。

ふらふらとした旅の途中でしたが、ここに来て良かったと思いました。

改めて思い知らされます。 

平和の意味を。 

平和の大切さを。

それでも今も尚世界ではたくさんの争いが起こっています。

日本でも、戦争はないにしても、毎日悲しいニューズが聞こえてきます。

ここで感じたことを忘れずにいようと思います。

いつか自分にできることをしてみたいと思いました。

☆下記のブログランキングに登録中です。できたらクリックしてやってください。
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-04-04 23:45
えっと、いろいろ飛び抜かしちゃってますけどね。

とりあえず思い出日記になっちゃってますがよかったら読んでください。

3月16日に日本に帰ってからもぶらぶらと旅を続けておりました。さすがに日本、お金なくなるの早いっすねemoticon-0136-giggle.gif

この日旅の途中で立ち寄りましたのは、兵庫県の神戸を初めとした各都市。

ここでもたくさん行ってみたいところがありましたが、特に行きたかったのは、
阪神・淡路大震災のことを知ることができる場所

そして、兵庫に到着後調べてたらありました☆
震災を後世に伝えるために創られた記念館

今回はここ記念館での事を綴ってみたいと思います。

ここはJR灘駅から徒歩10分程度の港に程近い場所へあります。 美術館や国際協力推進センターやJAICのセンターなどと並んで建っておりきれいな場所です。

海辺の近くだったので少し寒かったですけど。

そこには防災未来館と、ひと未来館という二つの施設があります。

営業時間は両施設とも平日は9:30から17:30まで。(入館は16:30まで、季節・曜日により若干異なります)

片方の施設だけなら入館料500円で、両方同時に購入すれば800円。

でも、両方の施設をしっかり見ようと思ったら時間が結構かかります。1施設あたり1時間半か2時間くらい。それ位内容の濃い展示がされています。

この日僕がこの施設にたどり着いたのは16:00。ぐだぐだして遅くなってしまって。

両方の施設を見るには時間が足りないのはわかっていたが、とりあえず両方入館のチケットを購入。

そして、最初に入った防災未来館では、あの地震被害のすさまじさを映像を通して体感、震災直後の街並みをジオラマで再現されたものや、災害の跡、そして復興への過程、当時全国から集まったボランティアの活動など、様々な資料が展示され、この災害のことを感じることができます。

入館すぐに見た地震発生時の再現映像は、とても衝撃的なものでした。

1995年1月17日 5:46

僕はそのころ福岡で働いていた。今も覚えています。

連日テレビや新聞で報道されたこの災害のことを。

暗闇の中で映し出される、災害発生直後を再現したその映像に瞬きもできませんでした。

その他ジオラマや災害から残された数多くの品々が展示されており、また多くの実際にあの場所におられた方々の言葉なども見ることができました。そして、当時ボランティアとして全国、世界から集まった人たちがどういった活動をしたか、救援と一言で言っても様々な問題があり、様々な形があるのだと知りました。そこには損得勘定ではない無償の愛が、間違いなくあっただろうと思います。

今は既に目覚しい復興を遂げている神戸の街。見た目には災害の傷跡は拭い去られたように見えます。でも、あの災害のことはそこで暮らす人たちには決して忘れられないことだろうと思います。

行ってよかったです。たくさんのことを知ることができた。

あの時、僕は具体的に何もしなかった。そして、今も世界では災害や戦争などで数多くの人が苦しんでいます。助けを求めています。今度こそ何かしなきゃね。

最後に、この災害で亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。

この施設についてもっと詳しく知りたい方は ココ をご覧ください。

☆下記のブログランキングに登録中です。できたらクリックしてやってください。どれでんかまいもはん♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-04-03 03:46
以前の日記にも書いていますが、カンボジアで日本語を教えていたときに
『地球温暖化』
についての授業をやったことがあります。

結果、カンボジアの生徒にはやはり難しい題材でしたが、僕自身にとってもいい勉強になりました。

なぜならば、教えるからにはできるだけ正しい情報を伝えなければなりません。

ですので、インターネットで調べたり関連の本を読むなどし、この現象について学びました。

おかげでそれまで知らなかったこともたくさん知ることもできました。

そこで、今読んで頂いている方皆さんに急な質問ですが、

『マイ箸』もってますか?

僕は日本に帰るまで持っていませんでした。 

幸い(?)アジアを旅してる間は、外食をしても割り箸は使う機会がほとんどありませんでしたし。

カンボジアで地球温暖化について調べているとき、ある研究者の意見がこうして載っていました。

今現在、既にさまざまな形で影響が見られる地球温暖化、その大きな原因である温室効果ガスの排出は、私たち日本を含めた先進国が主に行ってきたものです。 

ヨーロッパから始まった産業革命以降、私たちは暮らしの豊かさを追い求め、その中で生活様式をより便利なものへと変化させ、結果、人間にとってとても便利で、且つ自然と共生していない社会を作り出してきました。

それが、資本主義の中で生まれた使い捨ての文化。

日本に帰ってきてより感じましたよー

どこでもかしこでも、使い捨て

今も日本で旅してますから、外食もしょっちゅうですが、どこでも割り箸

コンビにでは何か一つ買うたびにビニール袋へ丁寧に包装してくれます。

そんなわけで、帰国してからは常にマイ箸を持つようにしました。

活躍頻度は一日に何回もあります。

マイ箸を持つようになったおかげで、いろんな場面で無駄な使い捨てが行われている事に気づけるようになりました。

レストランでの割り箸だけでなく、コンビニのビニール袋、ショップでの過剰包装、ファーストフードでの無駄に使われているたくさんの紙。

しかし、普通に観察してても同じようにマイ箸持っている人は見かけなかった。

コンビにでも、みんな当たり前のようにビニール袋に入れてもらってお店を後にしている。たった一つのおにぎりにビニール袋と箸、いりますか?

日本に普通に暮らしてたら、少しくらいの無駄もまったく気にならないかもしれない。

でもね、いつも見てるあの青い空も、食堂で使う割り箸も、コンビニでもらうビニール袋も、世界と繋がっているんですよ。

地球温暖化という言葉は既に誰でも知っていることと思います。でも、知ってるだけじゃなく、今から求められるのは一人一人の実行です。

僕はマイ箸を常に使い、コンビニでのビニール袋は断っています。そしてできるだけ交響の交通機関を使います。

☆下記のブログランキングに登録中です。できたらクリックしてやってください。どれでんかまいもはん♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-04-02 15:43 | カンボジア