長州で生まれ長州育ち、好きな人物は坂本龍馬!カンボジアから始めた旅と共に始めたブログ☆ 話題はカンボジアだけでなく様々ですが、どうぞ気軽に絡んでやってください♪


by lovely_smile094
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:ラオス( 4 )

すばらしきバンビエン

バンビエンを語るのに、よけいな言葉は必要ないでしょう。
おそらくそこの風景はありきたりの田舎。でもそれだけじゃない。
ゆったりと、それでいて力強く流れるメコン川が、そこいらじゅうに発している癒す空気。

その魔法のおかげ? たくさんいい写真が撮れました☆
どうぞ楽しんで♪ いったことのある人は懐かしんでください♪

e0137165_1831391.jpg

e0137165_18351598.jpg

e0137165_1836241.jpg

e0137165_18374050.jpg

e0137165_1840719.jpg

e0137165_18412297.jpg

e0137165_18431093.jpg


こんな素敵なところです。行ってみたくなりましたか? ゆっくりとした時間の流れを感じたい人にお勧めの一番星です。

しかし、今日僕は気づいてしまいました。
日にちが残り少ない!
カンボジアへ8日帰る予定。それまでにベトナム縦断を果たさねばならない!そしてベトナムでは、カンボジアで『愛のフリースクール』を運営しているアイさんと会わなければならない!

そんなわけで、今朝決心しました。。。
ベトナムへGO! 次週からは初めてのベトナムのお話です(東南アジア自体初めてですが… 何度もしつこい?)

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-26 18:27 | ラオス

いざ、バンビエン!

名残惜しい、メコン川のほとりの都市ビエンチャンを後にした僕は、一路バンビエンに向かいます。ここ、ご存知ですか? 僕はもちろん知りませんでした003.gif
しかし、人のうわさではとってもよいところらしく、何でも
ドラゴンボールに出てくるような山が待っているらしい。 どんな山やねんって? そいつは見てのお楽しみ♪ 写真を楽しんで♪

夕方頃についたバンビエンは、確かに違った。 ビエンチャンに着いたときも今まで訪れた町とは違う空気を感じていた。それはきっとメコン川から放たれるゆったりとした空気のせいだろう。

そしてバンビエンでも同じような、ひょっとしたらそれ以上のゆっくりとした空気の流れを感じる。 しっかしなー どっかで見たことあるこの風景… 
あ、
俺の生まれたとこじゃん!

何を隠そう、僕の生まれた山口県徳地町という町は、まさにこのような風景。
周りを素晴らしき山が取り囲み(それほど高くはなく)、きれいな川が流れ(一応一級河川の川が流れていた)、低めの建物ばかりが立ち並ぶ。つまり、
田舎!

確かにのんびりできるだろうけど、田舎は十分に知っております。鍾乳洞やら洞窟やらカヌーやらあるらしいけど… ちがうとしたら、ここが観光地になっているということぐらいかな…

ま、もともとゆっくりするつもりやったし、数日滞在します!
次週、写真集 『素晴らしきバンビエン』お楽しみください♪

※環境の原因で写真のアップが容易でありません。あしからず…

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-24 18:49 | ラオス
この日は朝に集合し、昨日紹介して頂いたラオス子供教育開発センターに訪問します! 初めてのラオスの子供たち072.gif
うわさで聞いたところでは、とってもシャイな子供たちだと聞きましたが、まああ、子供はどこでも元気で人なっつこいでしょう003.gif

そんなわけで一行4人は建物にたどり着きました。
いますいます♪ もうすでにたくさんの子供たちが音楽に合わせて変わったダンスをしています。あの人が担当者かなー… でもダンスしてて何も話す機会は得られず、僕たちもせっかくだからみようみまねのダンスに参加してみました。。。

e0137165_1815325.jpg


何やってんだろ俺…

少し落ち着いた頃僕たちの意図を話してみました☆ しかし、通じたのか通じていないのか…
ま、なんかOKっていいよーからいっか!

外のスペースでダンスをする子供と中で本屋紙芝居を読んでいることがいて、僕は図書館の中に入ってみました。紙芝居を読む練習をしてるらしき子供にカメラを向けて、「写真とっていーい?」 反応なし。 カメラを向けると、さっと顔を隠す。

なるほど、こういうことですか猿田さん。 カンボジアでもタイでも、子供たちはカメラを向けるとたいがい、撮って2でした。
確かにシャイだ。 顔は隠れているがとにかくパチリ。

そんな子供ににっこりと、「じゃーもう一枚撮るね」 反応なし…
しかし今度は、こっちを見てはくれなかったけど、顔を隠すことはなく、パチリ。
どうせなら笑顔が撮りたいです。

「じゃあ今度はにこーーーってしてみよう。ギブ ミー スマイル♪ モイ・ピー・バイ♪」

e0137165_1883156.jpg


と、今度はうっすらと笑顔を見せてくれました☆ テレやさんだけどやっぱりとてもかわいかった001.gif

その後もほかの子供も交えて少しずつコミュニケーションを図り、ラオスの子供たちは少しテレやさんだけど、やっぱりとってもかわいい053.gif

言葉が通じたらもっといいのになー… 紙芝居も話してあげられるもんね

e0137165_18234274.jpg


さてさて、その後は町の散策です。なぜなら明日はもう次の目的地バンビエンに行くから!
自転車でひとしきり回った後、ゆっくりとメコン川沿いを歩いていましたらなにやら人だかりが。
そこでは熱気球が今まさに空へ昇ろうとしていました。

おそらく珍しいのだと思います。僕自身も直前をこんな間近で見るのは初めてです。

夕日に赤く染まりつつある空へ舞う熱気球。 そしてそれをうっすらと笑顔をたたえた顔でじっと見詰めるラオスの人たち。 清掃のおばちゃんも、バイタクのおっさんも、川辺で遊んでいた子供たちも。
じっとその光景見つめていました。 

e0137165_18112596.jpg


e0137165_1813646.jpg


e0137165_18194069.jpg


その熱気球はなんと、日本の方によって上げられていました。
どうしても話が聞きたくて、作業されている方の一人に話しかけてみました。

「熱気球を楽しむ会社を立ち上げる、そのオープニングセレモニーなんですよ。実際は赤字なんですけどね。社長がもともと空のスポーツのプロで、ラオスの人たちに熱気球を味わってほしいってことで始めるんです」

そう笑顔で教えてくれた彼は戻っていきました。 メコン川の夕日と熱気球とが素晴らしい調和を見せていました。

それをじっと見つめるラオスの人たちの、微笑んだ顔がとても印象的でした。

e0137165_1822354.jpg


いいね。 夢を与えてるね。俺もいつか夢を与える事してみたいなぁ

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-23 18:15 | ラオス

ラオスにて

初めてのラオスです。ま、カンボジアもタイも初めてだったのですが。。。

ラオスの首都はビエンチャンという町で、タイとの国境を隔てるメコン川沿いにあります。世界第10位の長さを誇るメコン川の雄大な景色のほとりで、この町は悠久の時を奏でていました。

そんな悠長なこと言ってる場合じゃなくて初夜は大変やった! 急な予定変更だったもんだからビエンチャンに着いたのは夜9時頃。 泊まるところが見つかりません007.gif
荷物も重いのに。。 うろうろと1時間くらいさまよった結果、ようやく中心から少し外れたところで発見。 せまっぽい部屋に無駄に別途が二つで、風呂・トイレは共有。1晩7ドルなり065.gif まあいいか。

そんな翌日。カンボジアの『愛のフリースクール』で会ったあの二人、ゆうき君・葵さんご夫妻に再会しました! 二人ともすごく素敵な人♪
そのお二人とたまたま旅の途中で会ったという、静岡からのカンナさんにもお会いでき、久しぶりに日本食を頂きました072.gif カツ丼超おいしかったです!

そしてその後、この出会えた縁に感謝しました。3人はここラオスで長老と言われている人に会い、そのつてで今日、ラオスの子供たちに対する教育や文化の普及すべく活動している特定非営利法人団体『ラオスの子供たち』の、ラオス在住の方にあってお話を聞くということでした。

「よかったらひでさんも行きませんか~」 って聞かれて、

『もちろん行きますよ!』

実は、ここまで各地でいろんな施設を訪問したり、子供たちと触れ合ったりしてきましたが、ここラオスでの情報はなかなか探し出せておらず、半ばあきらめていました。ラオスでどういったことが行われているかじかに聞ける願ってもないチャンスです072.gif

そんなわけでその日の午後早速訪れたのは『ラオスの子供たち』。
そこで在住1年半(だったと思います、違ってたらごめんなさい)の猿田 由貴江さんにお話を聞くことができました。

ラオスという国の継承の仕方でもあるそうですが、彼らは言い伝えや昔語りを伝えるときに文字を使わないのだそうです。それだけでなく、国内を見渡しても”図書館”の数は極めて少なく、子供たちのほとんどは小学校に上がるまで文字に触れる機会もほとんどないそうです。
その為小学校へ入学してからの低学年での落第率がとても高いのだそうです。
それだけでなく、ラオスでは一般の図書の数も非常に少なく、学校を卒業すると文字と触れる機会がとても少なくなってしまい、せっかく覚えた文字も次第に忘れていくこともあるそうです。

そんなラオスの人々と子供たちのために、『ラオスの子供たち』の皆さんは図書の普及を都市部から農村までめざして活動しておられます。しらなかったラオスという国の現状と、ここでも活動をしておられる素敵な方にお会いできて、誘ってくれた3人と、この縁に感謝☆

ラオスの子供たちについてもっと知りたい方はホームページをご覧ください♪♪
私たちの少しの力でラオスの子供たちに本を届けることができます。

http://deknoylao.org

そして、今日お会いした猿田さんのご紹介で(紹介って言うかこっちからお願いしたんだけど…)、この組織は同時に援助・開設されたラオス子供教育開発センターで、毎週紙芝居の読み合わせの練習や、ラオス民族舞踊の練習を行っているとのこと072.gif

ちょうどそこに居合わせた館長さんにもOKを頂いて、明日ラオスの子供たちに会ってきます。

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-22 17:28 | ラオス