長州で生まれ長州育ち、好きな人物は坂本龍馬!カンボジアから始めた旅と共に始めたブログ☆ 話題はカンボジアだけでなく様々ですが、どうぞ気軽に絡んでやってください♪


by lovely_smile094
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

4/3 阪神・淡路大震災記念館

えっと、いろいろ飛び抜かしちゃってますけどね。

とりあえず思い出日記になっちゃってますがよかったら読んでください。

3月16日に日本に帰ってからもぶらぶらと旅を続けておりました。さすがに日本、お金なくなるの早いっすね037.gif

この日旅の途中で立ち寄りましたのは、兵庫県の神戸を初めとした各都市。

ここでもたくさん行ってみたいところがありましたが、特に行きたかったのは、
阪神・淡路大震災のことを知ることができる場所

そして、兵庫に到着後調べてたらありました☆
震災を後世に伝えるために創られた記念館

今回はここ記念館での事を綴ってみたいと思います。

ここはJR灘駅から徒歩10分程度の港に程近い場所へあります。 美術館や国際協力推進センターやJAICのセンターなどと並んで建っておりきれいな場所です。

海辺の近くだったので少し寒かったですけど。

そこには防災未来館と、ひと未来館という二つの施設があります。

営業時間は両施設とも平日は9:30から17:30まで。(入館は16:30まで、季節・曜日により若干異なります)

片方の施設だけなら入館料500円で、両方同時に購入すれば800円。

でも、両方の施設をしっかり見ようと思ったら時間が結構かかります。1施設あたり1時間半か2時間くらい。それ位内容の濃い展示がされています。

この日僕がこの施設にたどり着いたのは16:00。ぐだぐだして遅くなってしまって。

両方の施設を見るには時間が足りないのはわかっていたが、とりあえず両方入館のチケットを購入。

そして、最初に入った防災未来館では、あの地震被害のすさまじさを映像を通して体感、震災直後の街並みをジオラマで再現されたものや、災害の跡、そして復興への過程、当時全国から集まったボランティアの活動など、様々な資料が展示され、この災害のことを感じることができます。

入館すぐに見た地震発生時の再現映像は、とても衝撃的なものでした。

1995年1月17日 5:46

僕はそのころ福岡で働いていた。今も覚えています。

連日テレビや新聞で報道されたこの災害のことを。

暗闇の中で映し出される、災害発生直後を再現したその映像に瞬きもできませんでした。

その他ジオラマや災害から残された数多くの品々が展示されており、また多くの実際にあの場所におられた方々の言葉なども見ることができました。そして、当時ボランティアとして全国、世界から集まった人たちがどういった活動をしたか、救援と一言で言っても様々な問題があり、様々な形があるのだと知りました。そこには損得勘定ではない無償の愛が、間違いなくあっただろうと思います。

今は既に目覚しい復興を遂げている神戸の街。見た目には災害の傷跡は拭い去られたように見えます。でも、あの災害のことはそこで暮らす人たちには決して忘れられないことだろうと思います。

行ってよかったです。たくさんのことを知ることができた。

あの時、僕は具体的に何もしなかった。そして、今も世界では災害や戦争などで数多くの人が苦しんでいます。助けを求めています。今度こそ何かしなきゃね。

最後に、この災害で亡くなられた多くの方々のご冥福をお祈り申し上げます。

この施設についてもっと詳しく知りたい方は ココ をご覧ください。

☆下記のブログランキングに登録中です。できたらクリックしてやってください。どれでんかまいもはん♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-04-03 03:46