長州で生まれ長州育ち、好きな人物は坂本龍馬!カンボジアから始めた旅と共に始めたブログ☆ 話題はカンボジアだけでなく様々ですが、どうぞ気軽に絡んでやってください♪


by lovely_smile094
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

アユタヤ初日!学校へ行こう!

さて、昨日は遅くに到着したせいで起きたのはお昼ごろ。。。とってもだるいです。

しかし、もさもさと12時のチェックアウトに向けて再度パッキング。

そして、今日は目的の地、サケオスクールを目指します。学校へ行くぞ!

もちろん少しばかりは観光も♪

アユタヤはご存知の方も多いと思いますが、世界遺産として登録されている地のひとつ。バンコクから北へ80km。その昔、1350年ごろからおよそ400年間にわたりアユタヤー王国が築かれていた。ヨーロッパ諸国とも外交関係を持っていたが、隣国ビルマとの度重なる戦いを経て、1767年についにアユタヤー王朝は陥落。ビルマ軍の手により、歴史ある建物の数々が徹底的に破壊され、その残された姿が今のアユタヤーの古都の姿。

そんな栄枯盛衰を感じさせる街、アユタヤを自転車を使ってゆっくりと散策しました。

e0137165_1601119.jpg


そして有名なワット・マハータートの遺跡。ビルマ軍によって切り落とされた仏像の頭部が、長い年月の間に完全に木に取り込まれてしまったこの遺跡は、自然と歴史の神秘を感じさせます。

日本人観光客もわんさかいました。そんな一行に頼んで一枚。

e0137165_1611164.jpg


アンコールワット遺跡との違いを考えつつ、レンガ造りが主となったこうした遺跡群をゆっくりと散策しました。でも、やっぱり破壊された遺跡の後が痛々しい。

e0137165_162468.jpg


e0137165_163884.jpg



e0137165_1634458.jpg


さて、一通りメインと思われる遺跡は周り、遅くなる前に目的の学校へたどり着かねば!

しかし、ホテルのフロントに聞いても名前すら知らないという。というわけで、頼りのアユタヤ観光センターに行ってみました♪さすがは観光センターで、すぐに場所も距離も把握。

もともとお寺だった施設が、孤児の子、農村地区で学校に通えない子、過程に問題がある子、さまざまな事情を持つ子供たちに安全で平等な学ぶ場を与えるために作られた学校です。学校とお寺が広い敷地内にあり、アユタヤ観光のパンフレットにもそういった記述がされていました。

しかし、街から30km程度の少し離れた場所で、行くには車くらいしかないと対応してくれた女性は言います。

俺 「車で行ったらだいたいいくらくらいかかりますかね?」

受付の女性 「1000バーツくらいだと思います。」

1000バーツ!ドルにして33どる!!! 高すぎるでしょー!!!!

受付の女性 「でもトゥクトゥクで行ったらもっと安くいけますよ。よかったら今から知っているトルクトゥクに電話して聞いてみましょうか?」

う~む。。。 なんとなく高い値段が不安でしたが、仕方ないのでお願いしました。

その人は日本語が話せるとのことで、別にそれはどうでもよかったのだけど、電話を変わって聞きました。

俺 「サケオスクールに行きたいんですけど、いくらくらいですか?」

うんちゃん 「サケオスクールですか。結構遠いですよねー。でもトゥクトゥクなら350か400バーツくらいで行けますよ!」

時間も遅くなる前に行きたいし、観光センターの人からの紹介だから大丈夫だろう。
俺 「じゃあそれでお願いします。3時半に迎えに来てください」

_ そして3時半。泊まっていたホテルに迎えに来てくれたのはおじさんでした。

e0137165_16133855.jpg


まあまあうまく日本語も話していました。しかし、考えれば考えるほど350は高い。だってバンコクからチェンマイに行くバス代が350バーツですから。。。。。。。

んんんん、でもまあいい。もう頼んでしまったんだし、どちらにしろ車で行くしかないのだからね。しかし、他の用事がある人はどうしてるのだろうか?と考えながらスクールへ向かう。。

40分程度たったころ、ついに到着、ワット サケオ060.gif

しかし、ガラーンとしてるぞな。。。1000人以上の生徒が待っているはずでは? これ如何に?
お、お? おーそういえば今日は土曜日じゃ!

しまったぁぁぁ! 来ても意味ないじゃん! 子供たちと触れ合えないじゃん!007.gif

まあともかく来た以上乗り込んでみよう!

大きな校舎に大きな運動場、とにかく大きな敷地。 お母さんと子供が戯れていました。

しかし事前の情報では、先生ですらあまり英語は話せないとの事だった。。。

ここで、なんとうんちゃんのおやじさんが本領発揮!?

「何日くらい滞在するんですか?」 「4日間ぐらいです(宿泊料高いしね)」
「ボランティアです」

するとおじちゃん、ペラペラとそのお母さんに説明してくれました。その人は先生の一人だったのです。
「ついて来て」 そんな感じを言われて奥のほうに。 そこには別の先生が。

おじちゃんまたも説明してくれました。 4日間で、ボランティアで、ここに住む、

今は日本人が3人来ているそうでした。いずれも代理店を通して。
そして宿泊料金1日700バーツだけど、滞在してもいいよって☆♪☆

アポもなく、代理店からの紹介でもなく、突然来たわけわかんない日本人でしたが、おじちゃんのおかげか?! ともかく受け入れてもらえることになりました♪
うーん。世の中面白いな。。。 

後の話。ここ、ワットサケオに来るには乗り合いバスでも来れて、その場合は15バーツ… 以前バスを乗り過ごし、トゥクトゥクで150バーツで来た人もいました。。。。

これって悪い冗談? 観光センターとぐるになった騙しですか? え? でも。 通訳として役立ってくれたのでOK!


☆しかしこの日はこれで終わりませんでした☆
そのときいた日本人のヒロ君といろいろ話しをしてたら、今日はムエタイの試合に子供たちが出るので応援に行くとの事☆ いきまーっす もちろん! 一回生で見てみたかった♪

学校の先生が手配したトラックの後ろに数名の子供たちと乗り込みいざ出陣。 少し遠かった…
この子供の無邪気な顔が、いざ試合になると気合の入った顔になるもんね。

e0137165_1633164.jpg

場所は大きな会場ではなく、路上マーケットの一部に特設されたリングによって行われるもの。なんだっていいですよ♪ しかも、この日は子供のムエタイだけでなく、女性同士の試合も見れ、とても珍しいことに日本人3名の方が出場することになっていました。

e0137165_16334921.jpg


e0137165_16342093.jpg


試合結果は、残念ながら子供たちは負けてしまい、日本人の方々は三人のうち一人が一勝をもぎ取りました! 全部で多分20試合以上かな、終わったのは12時を回っていました。 疲れた。
しかし、初めてのムエタイは面白かった。 チャンピオンリーグなどとは程遠いのだろうけど、迫力は十分に感じました019.gif

そして、またもやトラックの荷台に乗り帰る途中、12時過ぎているのでとても寒く風も冷たい。子供たちは我先にとたった一枚の毛布を奪い合うように包まっていました。
一人だけ位置的に入りにくい子がいました。見てると眠いけど寒くて寝れなそうだったので、僕のほうに引き寄せて服をかけて後ろから抱きしめてあげました。 トラックの上なので風もすごく強かったけど、いつしかその子はすやすやと寝ていました001.gif

やっぱりどこに行っても子供はかわいいね。 ムエタイやってるときは精悍な顔してるけど子供はやっぱり子供。途中腰も少し痛くなったけど、動くと起こしてしまいそうだからそのまま学校まで我慢してじっと抱きしめてあげました。

着くまで本当にぐっすりと寝てました。 着いてあわてて起きたその子は、手を合わせて コップンクラッ(ありがとうございます) と言ってくれました。いいってことよーっ^^

明日は日曜日で一日ゆっくりします。

そして、月曜と火曜のたった二日間だけだけど、積極的に学校に関わっていこうと思います。

下記のブログランキングに登録中。クリックよろしく♪
にほんブログ村 旅行ブログ アジア旅行へ にほんブログ村 海外生活ブログ カンボジア情報へ にほんブログ村 環境ブログ 地球・自然環境へ
[PR]
by lovely_smile094 | 2008-02-17 15:21 | タイ